スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まつりの後



 
101127_2109_01.jpg



 パチンコ店「プラス5」さんでのイベント、ファフナー祭りのまとめ。

初日は、まだ何がどうなるのかなんて全くの未知数な状況でのご来店。
自分が着いた時にはすでに入店可の状態で、すでにファフナーは全台
抑えられてた。
まあ、イベントのメイン機種のなので当然といえば当然。
だがしかし! 一部の人たちがファフナーのキープを空けた。
釘を見ると、だいぶヘソもブッコミも開いているので、これでやれない
わけがないと、速攻で台キープ。

落ち着いて各台の釘を見ると、全台釘の状況がぜんぜん違う!!
ファフナーは役グセやストロークの正確さも影響が強いので、釘が全て
ではない。

ただ、一台だけ面白い台があった。
一番右の台。これだけがほぼすべてが甘そうに見える釘の中で群を抜いて
釘調整が良くない。 なんでこの台だけ?
もしかしたら、釘以外の状態が一番良い台なのか。
そんな疑念を持ちつつも、祭りはスタートするのだった。



101126_1723_01.jpg



 ちなみに、こんな感じでブッコミが開いていて、一見ウハウハにも見えるが
実はブッコミがデカイと玉の勢いが落ちないので、羽先に向かう際に時間的な
タイムラグが起こりやすくもなる。
羽上の2本釘は、玉の挙動を制御する重要な釘。ブッコミよりも大事かもしれない。
役グセも、SRにぶち込み易い難いがあるので、総合的な判断と状態によるスキルの
対応も求められる。 ファフナー攻略は、精度を求めれば求めるほど難しく
そして結果も大きく差が出た。 記憶を辿りながらの実践が始まろうとしている。



101126_1436_02.jpg
101126_1436_01.jpg



 壮観な景色。 新台当時は普通な光景も、今のなれば懐かしさがこみ上げる。
そして、これから起ころうとしている祭りを想う。
喜怒哀楽、一喜一憂の宴が、このステージで行われるんだなぁと。

愚かでいいのだろう。見渡す夢の後。さよなら蒼き日々よ・・・
もう何回と聞いた、耳に残るあのメロディーが店内を流れつつ、祭りはスタート
するのだった。



 ◇ ◇ ◇ ◇



 101126_1445_01.jpg



 ファフナーといえば、強烈な出玉を連想されガチだけども、実は戻しが無い
ということで投資スピードも半端無い。
当たらないでいるとドンドンお金が吸い込まれていく。
この恐怖と、大連チャンの織り成すギャンブル性と、玉のわずかな挙動ひとつで
全てを持っていかれるほどの緊張と興奮。これがファフナーの真髄。

攻略となると、完全に成否の結果が自分の責任に帰ってくる。
連日自分を責める日々もあった。自分を嘆いたり奮い立たせたりして、あっと
いう間に過ぎた日々だった。
おそらく今この場にいる人の結構な割合が、同じ思いをしてきたのだろうかと
そう考えるだけで、複雑な気持ちになる。
そんなもう忘れてしまっていた気持ちを、また思い出させてくれた。
たかだかパチンコを打つってだけで、1000キロ近い距離を移動してこの場にいる。
勝ち負けだけじゃない。多分みんなそう思って来たのではないか。



 ◇ ◇ ◇ ◇



 開店時間となり、各自一斉に打ち出しを始める。
自分の台の状態も気になるが、周りの状態やほかの人のスキルも気になる。
結構皆周りを気にしながら打ってた。 後ろからの視線もあったし、普通の
ホールでは味わえないような感覚での遊戯が行われている。

そして、徐々にではあるけれど、各台の状況もおぼろげながら見えてきた。 
最初に触れた右端の台が、なかなか連チャンが終わらない。
最終的には40連後半まで延びた。
実力と台の状態次第では閉店まで連チャンが終わらないなんて事も往々として
起こりえるのがファフナーの面白さでもあり怖さでもある。
ホールに求められる調整スキルは、半端なくシビアだろう。

このイベント自体、普通に利益を上げることに専念する管理者には到底できない
はずだ。
感謝しつつも、でもここはガチバトルの場でもある。
やらなきゃやられるの世界。ファフナーは本当に油断すると、あっという間に
10万負けられることを知っている。 本気 対 本気 だから面白い。



 ◇ ◇ ◇ ◇



 初日は、実況したとおり僅かながらマイナスで終わった。
西日本方面の知り合いと現地で知り合った人達。
そんな中にいて自分は全く結果が出せず不甲斐ない思いでいっぱいになる。
こんなに悔しいっていう気持ちが沸き起こったのは本当に久しぶりだった。
目をつぶっても全然眠れない。

お店も本気でイベントを成功させようと頑張っていたように思う。
周りの人達も本気で勝ちに来ていた。そんな中で自分はどこか中途半端な気持ちで
臨んでいたように思えた。
このまま帰ったら、きっと後悔がずっと残るだろうな。
参加は初日だけと思っていたのだけど、もう一回今度はもっと本気で!!
打ち手として、本当に真剣にイベントに参加しようと決めた。



 2日目も、釘はガラッと変わった。
打ち手の面子も、初日よりもレベルが上がったように思えた。
前日の経験値がリセットされる。 しかし、打ち手もその動きに対応。
打つという以外にも、目に見えない立ち回りの駆け引きが見えた。

自分の打った台は、釘は良いがバネが悪い台。
たまに大きくストロークが変わることがあるが、それを加味しても羽先に向かう
率は悪くは無い。 ブッコミを通りさえすれば玉の挙動は比較的安定する台。
そんな自分的には良台で、運よく2回打つことができた。

最初の連チャンは27連。もっと行けるような気がしたが、25連あたりで一度
ノーマル当たり示唆での、まさかのV跨ぎが起こる。
これで緊張の糸が切れた気がした。 些細なことがきっかけで流れが変わる。
そんな繊細なところもファフナーの面白いところ。

2回目は、もう経験値的に合わせ方のタイミングは完全に把握。
先ほどの反省からも、もう集中は切らさない。
しかし、10連を越えたあたりで、まさかの閉店時間短縮のお知らせ。
結局は15連したところで終了となった。



101126_2159_01.jpg
101127_2110_01.jpg



 2日目にて、ようやくそれらしい結果が出せて安堵の思いではあるのだけど
周りを見ていて、やっぱりというか巧いっていう人は居る。
射出調整と、台ごとの釘や癖に対応した射出タイミングの合わせの正確さ。
これをほぼ完璧にやりこなしている人が何人かいた。
ホールとしては、このレベルに合わせつつ利益も上げていかなければいけない
調整というのは相当に大変なんだろうと思う。

ただ、それも想定の範囲内として、是非ともこのイベントを成功させて欲しい。
ホールが機種の事を知り尽くした上での、お客さんへの提供という流れを
先導を切って作って欲しいと願わずにはいられない。

もし近い将来そういう流れが、今回のイベントをきっかけにして起こったと
したならば、この場に参加できた事を嬉しく思う。
ファフナーだけでなく、色んな機種の色んな良い部分をちゃんとお客さんに
伝わる形での提供する事で、昔のように楽しくて楽しくて仕方が無かった頃の
パチンコの活気が取り戻せるかもしれない。

そんな模索の第一歩を力強く踏み込んだ、「プラス5」さんと、その関係者の
皆さんに、一パチンコファンとしてエールを送りたいと思います。
楽しい場を提供してくれて、ありがとうございました。
そして、更なる発展を心より願っています。


 ※次回、状況的なまとめも書きます。




人気blogランキング

  ↑  いつも応援のポチを押して頂き、ありがとうございます。


 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _



 お知らせ

 管理人は Slotter’s Bar というお店をやっています。
 詳しくは こちら をご覧下さい。

 twitter の方でも、ドンドンつぶやいていく予定ですので良かったら
フォローしていただけると嬉しいです。
(slottersbar で検索していただければ分かると思います)



コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様でした。さすが俺の師匠!!6万7千発って一般人からしたら十分神ですわ。。初日の悔しい気持ちも再戦もびーえむさんらしくてすごくいいと思います。帰って来たらうブログうpお願いします。運転お気を付けて。

レス

一回交換だから流した玉は多いけど、玉数で見るほど
楽な勝負では無かったよ。
知り合いは9万投資までいってたしね。
運もあったと思う。
出せてホッとしたってのが本音かな。

帰ったら、土産話たくさんあるからお楽しみにね。

結局

初めて書き込み失礼します。

結局のところ、店側に利益は出たんですかね?

この盛況で店に利が出ないと、昔で言う新装開店大サービスのような・・・。

攻略打ち上等で、シメシメの釘じゃなく、なんか出せそうな雰囲気の釘調整で、よしいっちょやったるという気を出させて、打ってみると結構出たんじゃないかなと客に思わせつつ、トータルでは換金差で客側の負け。

こんな営業が出来たら、昔のように楽しくて楽しくて仕方が無かった頃の
パチンコの活気が取り戻せるかもしれない。
とおもいます。

レス

ファフナーは、一般のお客さん向けではないので、
知名度の為のイベントと割り切っているのではと
思いますが、どうなんでしょうね。

導入初日は大判振舞い、2日目はファフナー打ちの
実力見定めと自分は感じました。

うまく集客に結び付けて、成功するといいなぁと
イチファンとしては思ってますね。
プロフィール

びーえむ

  • Author:びーえむ
  • FC2ブログへようこそ!
Twitter
Twitter ブログパーツ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。