スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月12日 パチスロの未来


 今日は、土曜日ということもあって、余裕を持ってお休みしました。

というわけで、ちょっと思うことでも。



 今日のランキングは? ←ポチッとお願いします。



 5号機初参戦のサクラ大戦&デビルマンを世に出したアルゼが、

今後の5号機に対する見解を発表しています。「5号機の新時代を創る

 さっそくこれを読んでみたのですが、う~む。。。

なかなか的を得たことも書いてますね。 ちょっとだけアルゼを

見直しました。 でも、矛盾点も多いのでちょっといろいろと

独り言を言わせてもらいましょう。



 まず、どうして2段階設定なのかという理由を書かれているのですが

理由として掻い摘んで書いてみると


 ・ 厳しい試打試験(6000Gで役モノ比率60%以下)をクリア
   するためには、確率の暴れをなんとかしなければならない。

 ・ 設定数によって試打試験回数が増えてしまいそれに伴い暴れる
   機会も増えてしまうので、設定を極限まで減らし2段階に。

 ・ それでも試打試験的に、どうしても103%前後が限界。

 ・ ていうか、どうやっても最高で103%くらいにしかならない
   んだから、設定6段階もいらないのでは?

 ・ でも、103%でもそれなりに確率は暴れてくれるから、平気。

 ・ その分、なんとかコイン単価上げるから、それで許して。

 ・ 今までがおかしかっただけで、本来の姿に戻ると考えるべき。
   てか、5号機なんだから今までの概念捨ててよ。。。



 とまあ、こんな感じですかね。

とりあえず、今まで以上に保通協通過の条件が厳しいんだろうなぁって

いうのは読んでて感じました。

 あと、小役とボーナスの同時抽選が、今後の5号機の演出の鍵という

のも、読んでて納得しました。

RT中のリプレイでボーナス当選→RT後に揃える。の流れは、

ハードボイルドみたいな感じかな。 

ほかにもいろんなことが考えられそう。

 

 ただね、一つだけ大きなツッコミを入れるとするなら、

三共は、普通に109%の台をしかも6段階設定で出しているんだけど

これに対してはどう答えるつもりなんだろう、アルゼさんは?

 この部分に対しては、正直に企業努力の足らなさだと思うのですが。

ただ、この試験回数を減らすという意味での2段階設定は、たしかに

今後のトレンドになるような気がする。

ていうか、もうこうなると試験の合格基準があきらかにおかしいのは

確かなんですけどね。

 

 最後の方に、サンダーVとサクラ大戦の設定1を比較して、お店側の

利益確保について書いているんですけど、たしかにスペック的には

けっこう同じくらいなんですよね。

 でも、お客さんは設定1と分かってては打たないわけで、高設定かも

とか、もしかしたら6かも?と思うから打つわけだと思うんですよ。

だからこそ設定6を含め高設定は、打ちたいと思えるものでないと

いけないと思うんです。

 最初からこの部分を否定してしまって、それでいてサンダーVと同じ

ような比較をするのはナンセンスかと。

多分この大きな壁は、ゲーム性だけでは越えられないと思うんですよ。



 今回、このアルゼの公開「5号機の新時代を創る」を読むと、

関係者の方は、非常に大変な思いしてるんだろうなぁと、

少しだけ同情しました。

 他のメーカーの見解なんかも読めれば、面白そうですけどね。

ただ、こういうものを読むと、やっぱり5号機時代は氷河期なんだなぁ

と思わずにはいられないかなぁ。。。

 さてさて、今後どうなることやら・・・



 人気blogランキング ← ポチッとしてもらえると
                モチベーションが上がります。
                クリックお願いします。m(_ _)m

テーマ : パチスロ
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

びーえむ

  • Author:びーえむ
  • FC2ブログへようこそ!
Twitter
Twitter ブログパーツ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。