スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時を越えて



 ニュースで知ったのだけど、ついにコンピューターが将棋のプロに
勝利したらしい。
似たようなゲームのチェスは、もうすでに世界チャンピオンが負けて
いるのだけども、将棋は公式戦では初なんじゃないかな。

今回負けたのは、女流棋士の実質チャンピオン。
男性棋士の方が、まだ全然レベルは高いのだけど、コンピューターや
ソフト開発の向上スピードは速いので、いずれは人間は負かされて
しまうのだろう。、
逆に言えばこんな人が宇宙に行くような時代まで頑張ったとも言える。
人間の脳の潜在能力は計り知れないよね。

 清水女流王将VSソフト 東京大学で11日対局


 ◇ ◇ ◇ ◇


 将棋にはちょっと縁があって、小学生ぐらいに結構頑張ってた時期がある。
小さい頃、転校を何度か繰り返し今住む土地に流れてきた時に、近所の
不動産屋のおじいさんが、遊び相手によく将棋をしてくれたのだ。

そのおじいさんは、たしか朝日新聞か何かの主催大会で、素人の部で
優勝するほどの腕前だった。将棋関係の賞状が沢山飾ってあったから
なかなかの腕前だ。 子供相手がそんな相手に敵う訳が無い。 

でもね、その将棋にはおじいさんながらの賞金があった。
勝ったら500円。一回行くと大体3局くらいやってたので、上手くやれば
1500円貰えるチャンスだ。小学生にとって500円はでかい!!
最初は当然のごとく全然敵わなかったのだけども、負けず嫌いの自分は
絶対に勝ってやる!!と、本屋で将棋本を立ち読みの日々。
小遣いで詰め将棋本を買うなど、子供ながらに本気で向き合った。
お金パワーは偉大だ。(笑)

おじいさんは俺を強く育てることで面白い対局をしたかったんだろう。
一つの対局が終わるごとに将棋番組のように、対局の反省点を教えてくれた。
あのタイミングがターニングポイントだったね。とか、あの時にあれをして
おけば後半で上手く立ち回れてたね。とか。
その時々の一手が、実は後々に大きく影響するというのが将棋の醍醐味。
だから常に色んな事を想定して、後の事も考えて一手一手を大事に
打つことが大切だと、子供にも分かるように丁寧に教えてくれた。

そんなやり取りを2年ぐらいしていると、ついに自分が段々と勝てる
ようになり、お小遣いを貰える機会も増えた。
頑張りが報われる喜びを知ると同時に、今思うとあの対局の日々は、
今の自分の物事の考え方にもの凄く影響を与えていることに気づく。
お小遣いじゃ計り切れない位のモノを、実はおじいさんから貰っていた。
大事な事はいつも後になって分かるっていう典型だ。


今はネットでいつでも誰かと対局できる時代。生まれる時代がほんの少し
違うだけで、俺はこういう経験は出来なかったんだろうね。
歳を取ると、そんな時代の流れというか物事の意味の時間軸での繋がり
みたいなものが見えてきて面白い。
まあ言葉を変えれば、おじさんになったって事なんだろうけどね。



人気blogランキング

  ↑  いつも応援のポチを押して頂き、ありがとうございます。


 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _



 お知らせ

 管理人は Slotter’s Bar というお店をやっています。
 詳しくは こちら をご覧下さい。

 twitter の方でも、ドンドンつぶやいていく予定ですので良かったら
フォローしていただけると嬉しいです。
(slottersbar で検索していただければ分かると思います)



コメントの投稿

非公開コメント

初めまして。
おじさんにいい物を貰いましたね。
是非そのもらい物を次の世代に返してください。
おじさんもきっと喜びますよ。

レス

 そうですね。
とてもお世話になった方なので、得たものを忘れずに
と思っています。
いつも善意に敏感でありたいですね。^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

びーえむ

  • Author:びーえむ
  • FC2ブログへようこそ!
Twitter
Twitter ブログパーツ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。