スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

攻略の背景(質問の答え)



 前回の日記「奪うもの守るもの」にて、質問を頂きました。
質問に答える事で今の自分の想いや考え、立ち位置を分って貰え
ればと思います。


 ・質問 

 実際に攻略しているびーえむさんはどう考えているのですか?
 業界の発展のためにと言っておきながら、実際にご自身で攻略
 されている事についてご意見お聞かせください。


 ◇ ◇ ◇ ◇
 

 パチンコというものは、「玉を弾き入賞口に入れて入賞球を得る」
ゲームで、デジタルの当たりや権利獲得等はその為の過程である。
その目的を成す為にプレイヤーに与えられた操作方法が、
「いつ打つか(タイミング)」と「どこに打つか(ストローク)」であり
プレイヤーに与えられた唯一の権利でもある。
以上の事が前提となっていると自分は考えています。


 どの程度が攻略なのか? というのはなかなか線を引くのが
難しい。 なぜならば、プレイヤーは与えられた操作の中で、どう
打つことが最適なのかというのを、程度は違えど考えて打っているのだから。
リーチ中に打ち出しを止めるのも、細かいことを言えば攻略になる。


 さて、話を本題へ。
パチンコ遊技機というものを製品としてみたら、度の過ぎた攻略要素
を持つ機種というものは欠陥品と言われても仕方が無いように思う。
なぜならホールに利益を与えるどころか、損失を被るのだから。

普通ならば、そのようなモノを世に送り出してしまった場合メーカーは
事実を確認次第、速やかに回収し対策を購入者に伝えるはずだ。
しかし、パチンコ業界はそんな当たり前が通用しない異端な業界なの
かもしれない。
事実は認めずに雲に巻く。対策のスピードも遅い。
悲しいかな、責任から逃れようとする事が許されてしまう業界とも言える。
一般の製品を作る業種では考えられない事だと思う。

 例えば、テレビゲームソフトならば、プレイヤーが行えるすべての
行動を想定してデバッグを行うと思う。
万が一、ゲーム性を損なう重大なバグが発見されれば、ソフトの回収
のみならず、会社そのもののイメージや信用に傷がつく。
厳重なチェック機構が組織の中にはあるのが当然だ。
まさかそんな打ち方をするなんて想定外だ!! なんてことが
通用するはずが無い。
まずは、メーカーの攻略に対してのチェックの甘さを指摘しておきたい。


 ◇ ◇ ◇ ◇


 もし、何かしらの攻略要素が見つかり、それが釘調整ではどうにも
ならないのならば、完全にメーカーの責任と思う。
しかし、釘調整で攻略を潰せるのならば、攻略に対する責任の一端は
ホールにもあると言える。

どのような仕組みで玉を出されているのが分かれば、潰す方法も
見えてくる。 ホールがデータの異常や打ち方を注意深く観ていれば
分かる事で、当然ながら攻略者は、それが分からないように打つ。
イタチゴッコではあるが、現場ではそんなせめぎ合いが人知れず
行われているのが現状だ。

気がつかなければ、発覚するまで利益を損害され続ける。
その帳尻合わせが一般のお客さんにも圧し掛かる。
ホールとしては、やはり攻略というものには注意深く監視しないと
いけない。


 ◇ ◇ ◇ ◇


 ゴトは犯罪なので置いておくが、攻略に関してはする側が悪い
とは自分は思わない。 パチンコというものはゲームであるからだ。
何も介入要素のないパチンコを、本当に楽しいと思えるだろうか?
昔、パチコンというデジパチの回転効率を完全に機械が管理する
システムの機種があったが、人気はなく廃れてしまった。
勝ち方を模索するのも楽しさの要素なのではないか。

オカルト思考も、勝ちたいという想いから生まれた発想。
ストロークや止め打ちも、パチンコというゲームに能動的な楽しさ
を見出している。 
打ち方の選択肢がある事は、楽しく遊べる要素になっていると思う。

だから、メーカーはプレイヤーのやり得る事を想定しつつゲーム性を
突き詰めて欲しいし、ホール側もその対策に敏感であって欲しい。
玉の動きに一喜一憂できる面白い機種が出て来てくれるのがプレイヤー
目線での自分が思う一番の願いでもある。


 ◇ ◇ ◇ ◇


 自分はもう専業では無いが、今でも収入としてのパチンコを打っている。
だから、こんな事を書いていることに違和感を持つ方も居ると思う。

今のパチンコ業界全体の閉塞感は、かなり深刻的だと思っていて、
このままでは本当に、遠くない未来にはパチンコが無くなっている
かもしれないと感じる。
パチンコの新機種が、軒並み購入費用を回収できない状況というのは
もうすでにビジネスモデルが崩壊していると言ってもおかしくはない。
業界がまた活気を戻すには、参加者が増えないといけないし、その為
には面白い機械が出てきてくれないといけない。
しかし、デジパチ一辺倒では、その広がりには期待できないように思う。

メーカー側からも、数は多くは無いがチャレンジする機械は出て
来ているしそんな機械をリスクを持って導入してくれるホールもある。
色んな機種があって、プレイヤーに選択肢を広げるという事は、
参加者を増やす為の方法としては適っていると思う。
自分としては、そういうメーカーやホールの姿勢を支持したい。

攻略に対する、プレイヤーの出来る事の想定をもっと深いところまで
議論し、機械開発や機械購入に対する攻略されるリスクを減らすことが
出来るならば、それは業界全体として良いのではないか。
面白い機械が多種多様に世に出てきて、そんな機種をホールがリスクを
感じずに購入し、参加者が今よりももっと増えてくれる。

良いサイクルに回ってくれるというのが自分の思う理想の形だし、
そのひとつの方法論として書いたのが前回の内容です。


矛盾が生じていることは分かります。
攻略要素を潰す事と、攻略要素を容認すること。
今の自分にとって、どちらを支持するべきなのか。
ただ、今まで長い間この業界を見てきて、ゲーム性の発展とは新しい事
が随時作られていく事。当然ながら新しい攻略要素も出てくる。
パチンコがアナログの遊戯である限り、攻略というものは無くならない
ように思うのです。

その無くならない「攻略」というモノとの付き合い方を、今までよりも
少し違った形で考えて行けたらという趣旨で、今回の文章を書かせて
頂きました。
長文ではありましたが、以上をもって質問の答えとさせてください。



人気blogランキング

  ↑  いつも応援のポチを押して頂き、ありがとうございます。


 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _



 お知らせ

 管理人は Slotter’s Bar というお店をやっています。
 詳しくは こちら をご覧下さい。

 twitter の方でも、ドンドンつぶやいていく予定ですので良かったら
フォローしていただけると嬉しいです。
(slottersbar で検索していただければ分かると思います)



コメントの投稿

非公開コメント

びーえむさま

初めての書き込みとなります。
いつも読ませていただいておりました。

書き込む事をためらったのですが、書くことにしました。
長くなるので割愛させていただきますが、
結局の所自分都合(利己的)で物事を言っているような気がしてなりません。

自分がそうすることによって都合がいいんですよね?
利益があるから考え付いたんですよね?

甘いエキス(攻略)を吸うだけ吸っておいて、今度はそれをホール関係者やメーカー関係者に力になる?

矛盾もいいところですよ。
ものさしがずれています。

言いすぎた文ではございますがお許しください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

要は店、メーカー、客、この三者のいい按配の落とし所を決めましょう。
その落とし所を決めるのに、私は適任でいい案だしますよ!とそういう事なんだろうと思いますが。

でもそれを語るには、そもそも一般客が本当にそういう要素(ストロークや止め打ちなど)で楽しんでいるのか?それは一部なのではないか?という疑問はつきまといますね。
び~えむさんのような、生粋の攻略好きと一般客とのパチンコや攻略に対する姿勢の乖離が気になる所です^^;

しかし餅は餅屋に聞けではありませんが、トータルで見れば、餅屋にあたるのはび~えむさんのような方なんじゃないかな?と思いますし、例え利己的であっても、業界の為を思えばいい事ではあると思いますね。
まぁ私の勝手な意見を言わせてもらえば、他者の利益を考えてる時点で利己的とは言い難い気もするのですが。。。

とにかく私は、今の過剰なペースで入れ替え続けるこの流れを憎んでいますので、その流れに一石を投じる方の応援をしないわけにはいきません(笑)
もしやられるなら、今のホール運営の根幹、常識をひっくり返すような事をしてほしいです。
頑張ってください。

正論ですよ~

主婦が安売りのスーパーをチェックし節約するように。


【気づいて】
【考えて】
【足を使って】
実践する事なんだから、なんら悪い事ではないでしょうにw



じゃあ逆に。


スーパーの安売り(攻略)がなくなったからといって、生活が破綻するような事があるならば、それは問題ではあるけれど。
今はそんな人(攻略)いないでしょうから…


攻略=(≒)節約
び~えむさんに賛同。


むしろ、異論を唱える人は…。

【考えられない】
【時間がない】
【足を使えない】
のどれかに当てはまる気がする。


横からですが、、、

おいちょカブさんが言われているのは、自分は散々攻略で稼いでおいて、今になって攻略を防ぐ側に回り、悪く言えば正義面をするような真似をするのは自分勝手ではないでしょうか?という事では??

かつてはファフナーであれほど熱く打っていたび~えむさん、、、しかし今度の事が現実になれば、かつての自分のような者を規制するような立場になる。
それってどうなの?という疑問が沸くのは自然かもしれません。

今回の件は、誤解を恐れずにいうと、ドロボウに防犯システムの穴を聞くというようなことですかね。
でもそれって業界の事を考えると、とても有効な事のように俺には思えますが

この問題はスーパーの買い物とかそういう問題ではないと思います(笑)
実際に止め打ち禁止の張り紙やタイミング打ち禁止、変則打ち禁止など

合法であってもきちんと禁止事項を表記しておけばホールのルールには従わなくてはなりません。実際にホールで揉めている現場もあるということは隠れて止め打ちしてる人もいると思います

プロお断り、釘や張り紙や張り付きや注意。ホールさん的には攻略は認めていないホールさんが多いという事ですよね。。


悪く言えば嫌がる事をしている。良く言えば隙を付いている。イタチごっこですね。


お店や一般のユーザーさんがいて尚且つメーカーさんの出す機械に付け入る隙があるからこそ攻略出来る機種があり、稼げる時もあると思うので

感謝の気持ちは忘れては行けないと思います。どんなに凄いスキルがあってもそれを活かす場所がなければスキルも何もないですから

否定や批判するのは簡単ですが感謝の気持ちを忘れている人は多いと思います



某元釘師と発想が同じw
プロフィール

びーえむ

  • Author:びーえむ
  • FC2ブログへようこそ!
Twitter
Twitter ブログパーツ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。