スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファフナー雑感 その2



 まず最初に、自分の考えは完全だとは思っていません。
きっと自分よりももっと精度の高い、上手い方はたくさん
居られると思います。 あくまでも両刀レベルのパチンコ思考で、
専業さんには敵わないと自負しています。
 ふ~ん。 程度に読んで貰えればと思います。(´ー`)y-~~


 ファフナーという機種が出るということを知り、スペックを
調べていると、どうやら技術介入性があることに気がつく。
まだお店に出るまえに、PV等でゲーム性を確かめると、
スペシャルルート(以下SR)に関しては完全に玉の挙動に
左右される仕組みだということを認識。
おそらくノーマルルート(以下NR)は、さすがに介入要素は
残していないと見たけれど、SRに関しては少しでも差がつく
のであればスーパー乙姫チャンスは10回もあるので、
末広がり的に差がつく。
まだ実機を見る前には、完全に出来レースだという噂もあった
けれど、その部分に望みを見出しつつ、初打ちを迎えることに
なった。


 初打ちで注目していた点は、

 ・ 出来レースなのかどうかの確認
 ・ 当たり確率(ヤクモノ)のおおよその把握
 ・ ヤクモノ内での玉の動き(ヤクグセの有無)
 ・ 様々な部分の確率から、勝敗のボーダーラインの把握

 ようするに、SRがいかにすべての確率要素に関わってきて
それがどれほど重要なのかを知ろうとします。
なるべく気がついた部分は数字で取って、どうすれば良くなるのか
全くの暗闇の中を手探りで進む作業からのスタート。
そして、初打ちは過去の日記の通り、完全な負け戦となる。

 初日で自分が打った台は、今思えば羽周りの釘がマイナスで
バネも悪かった。 しかしはじめてだったので、それが普通という
認識でスタートしてしまった。
初日で分かったことは、羽周りの釘は大事っぽいことと
NRの当たり確率は1/8と思っていい。
ベロヘの入賞から玉射出までのVへの偏りは無いと考えて良し。
(200回程度の試行で偏らなかった為)

 となると、やはりSRへどれだけ入れられるのか。
これがファフナーで勝つための一番の近道だと考えた。
のちに、羽ヤクモノは3個カウントで強制的に羽が閉まること、
そして、3個拾わせた場合、4個目がSRに行くことが少ない為に
オーバー入賞をさせない打ち方を、まずは考えるのでした。
これが俗に言う、「ピピピ打法」というやつでしょうか。
これだけでも実はそこそこの効果があったのですが、そこからさらに
打ち方は派生していきます。



人気blogランキング

  ↑  いつも応援のポチを押して頂き、ありがとうございます。


 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _


 勝手にお休みしていてスイマセンでした。
 帰宅後、お店の方開けてますので、良かったらよろしくお願いします。



 管理人は Slotter’s Bar というお店をやっています。

 お店の詳細はこちらの ぐるなびのページ をご覧ください。

 BARのインテリアとして、懐かしの4号機を多数設置
 しています。 もちろん遊ぶこともできます。
 詳しくは → パチスロ設置機種一覧

 さらに、店内には懐かしのファミコンを設置しており、
 ファミコンBARの側面も持っています。
 もし興味を持っていただけましたら、ご来店お待ちしています。^^

 ファミコンブログも始めました。 → カセットふぅ~ふぅ~


テーマ : パチンコ・パチスロ日記
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

びーえむ

  • Author:びーえむ
  • FC2ブログへようこそ!
Twitter
Twitter ブログパーツ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。