スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕込み



 「人の行く裏に道あり花の山」
有名な言葉だけど、これはパチンコパチスロにも良く当てはまる言葉。
王道よりも邪道の方が、うまくハマッた時には効果が高いと言うことを
良くあらわした言葉。 パチスロの場合、良く攻略雑誌を見てて勝てる
ほど甘くない。
みんなが知っていることを一所懸命勉強しても、結局はスタートライン
に立てるだけで抜き出ることにはならない。
みんなが知りえる情報は当然頭に入れつつ、他の部分で差をつける。

 パチスロは、機種のスペック等も設定看破には必要な知識だが、
機械的な仕組み等も、設定を推測するのに役立つ場合がある。
例えば、設定変更時やボーナス消化後のリセットにより、最初の
リール始動がガクっとなる、通称リールガックン。
 間抜けなお店だと、開店時に設定変更台のリールがガックンして
しまうようなところも昔はあったのだけど、ほとんどの場合、今これは
対策されている。
大抵は、対策で朝のうちに店員が数G回すか、リールに7を揃えたり
していることが多い。こうなるともう変更判別はできない。と思いガチだ。


 ◇ ◇ ◇ ◇


 リールに7を揃える対策の場合、実はまだ見抜ける可能性が
残っている。
一番の対策は店員が数G回す方が、対策としては万全だ。
しかし7を揃えているお店の場合、回していない可能性が有る。
逆に言えば、回すのが面倒だから7を揃えておくというお店。

 設定変更してから初のリール始動時にガックンをする。
例えば7をセンターラインに必ず揃えている場合、どれかのリールの
センターに7を止めておいて閉店を迎えたとする。
 店員は7をセンターに揃える仕事をするわけだが、すでにセンター
にある7をわざわざ動かさない可能性がある。 
その7はそのままに、他のリールをセンター動かす。

 普通ならば設定変更しようが据え置こうが、すべての台のすべての
リールは始動時にガクっとなるはずだ。 しかしセンターに残した
動かされない7だけは、据え置かれた時にだけガックンをしない。


 ◇ ◇ ◇ ◇


 パチスロの設定変更時には必ずレバーを叩かなくてはならない。
設定変更スイッチを押して希望の設定に合わせてからレバーを叩く。
これでようやく設定変更。

 さて、さきほどの7をセンターに揃えるお店。
回すのが面倒だからセンターに7を揃えているとしたら、設定変更後は
一度も回されていない。 つまり、レバーを一度も叩かれていないという
ことになる。
逆に言えば、設定変更台だけがレバーを叩かれているとうことに。
レバーの下に「何か」を仕込めた場合、設定変更台が分かることも。


 ◇ ◇ ◇ ◇


 もちろん、こんなのを全台にやるなんてことはしない。
癖を読み、ある程度の状況が絞れたときにこっそりとこういうことをする。
設定看破の精度が上がると共に、周りにバレていないのなら自分だけ
が知りえる情報ということになる。

 こういうことをやるには、まずそれが通用するのかを調べなくては
ならない。 こんなのは一例で、まだまだいろんな方法があるのだろう。
こういう、「高設定を掴む前の仕事」を、粛々とこなせている人は、今でも
パチスロでしっかりと稼げているのだろう。


 人の行く裏に道あり・・・
裏にも様々な裏があるし、様々な歩き方がある。
今はあまりこういう話を聞かなくなった。お店の対策がより万全に
なったのか。 それとも、手法自体が古いのか。
昔はこういう、各人の攻略創造の部分の話が楽しかった。



人気blogランキング

  ↑  いつも応援のポチを押して頂き、ありがとうございます。


 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _


 管理人は Slotter’s Bar というお店をやっています。

 詳しくは、こちらの詳細を。 → お店の詳細
 ぐるなび と、 mixi も、のぞいてやって下さい。


 お知らせ

 もしこのブログを気に入って貰えて、相互リンクしてもいいよという
 パチ&スロ系管理人さん居ましたら、是非とも相互リンク
 お願いします。
 コメントかBBSに一声もらえれば、すぐに対応しますので、
 よろしくお願いします。m(__)m


 

テーマ : パチプロ・スロプロ日記
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

 まだ仕事をやってたちょうど旧北斗が飽和になり始めた頃、次の日が休みで朝から打ちに行くお店の狙い台を変則打ちでリプレイはずして中リール中段に7を残してたのを思い出します。
 初代猪木で閉店前に変則打ちしておいて翌日ペナルティーによる演出発生が起こるかどうかとか・・・スロも行き着くところ結構こういうアナログ的要素が重要なんですよね

 変更=高設定っていう根拠が取れないと意味ないですけど、結構地方だと朝から7揃いとか1P回してないお店は何件か見かけます。

 そういうお店が稼動対象として使えるかどうかは別ですけどね(苦笑)

そいやなんで、未だににリールガックンなんて効くんでしょうね
こんなのは筐体の構造的欠陥な気はするんですが…
ガックンしないメーカーもあるんだから、ただの怠慢な気がするんですけどねぇ

レス

>Takさん
 ちゃんと効くかどうか調べて、実際に高設定を確認できて
初めて稼動に使えると判断する。
この地道な作業が、数字には見えないけど稼動の筋になる
大事な過程でした。
 今でもそういう稼動している人はいると思いますが
昔に比べて聞かなくなったなぁという印象。
5号機ならではのそういうのも知りたいですけどね。

>ほく助さん
 自分の考えでは、ガックンはわざと残してるように思います。
小役確率の設定差もそうですが、やはりそういう設定の分かる、設定の変更の分かる、つまり勝つ為の
手掛かりになる部分は、残した方が打ってくれるんですよ。
絶対に看破できない台よりも、分かるかもな台の方が
打ちたいと思いませんか?
そういうのも計算されてるんだと思いますよ。

いや~、その仕込み懐かしいですね。
だいぶ昔に通ってた店では、据え置きOR変更が簡単にバレるのか分からなかったようで
結局全台中段7揃えの後に全台設定変更で対策してきましたよ。

それはそれで朝一オイシイ状況でした。(笑)

レス2

>ひとちゃん
 世に出ないものが、まだまだたくさんあるんでしょうね。
古典的なのだと指紋判別とかも侮れないかも。笑
結局はお店との戦いなんですよね。
今は泳がせてくれるお店も少ないと思うので、こういう
強硬手段も必要なんでしょうね。
プロフィール

びーえむ

  • Author:びーえむ
  • FC2ブログへようこそ!
Twitter
Twitter ブログパーツ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。