FC2ブログ

遊戯と詐欺の間


 昔の日記を読んだのだけど、今と比べるとやっぱりというか

スロットに対する熱さみたいなものが違う気がした。

新台が出れば情報をかき集め、手がかりを探すという作業が

楽しかったと思う。

 今もパチスロ事体は機械割以外はそれほど変わらない気も

するけど、最近の台の一番嫌な部分って、なんか負けることに

納得がいかないことが多いような気がするんだよね。

 昔は低設定を打つことが負けることだったけど、今はストック

消しやら嘘設定やら、挙句の果てには高設定でも負けるし、打ち

手が減っていくのも分かる気がする。



 最近は、立ち回りを広げるべくいろんなお店を見て回っていた

のだけど、繁盛しているお店というのは、出しているというよりも

お店とお客さんの信頼関係が成り立っているな、というお店

なんだと感じた。

 逆に苦戦してるお店というのは、過去に何かやっちゃったんだ

ろうなってお店が多い気がする。

お客さんも一回一回の負けたことなんて憶えてはいないだろうけど

そういうインパクトが大きい負け方をした時っていうのは、大概

憶えているものだと思う。


 「騙された。ハメられた。」


 今のパチスロは、こういう負けがすごく多いような気がする。

お客さんが打ってくれてるうちが華ですよ。

打ってくれさえもしなくなったとき、その時がお店の死ぬ時。

そのギリギリで上手く回すのが経営者の腕の見せ所だとは

思うけどね。

 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

びーえむ

  • Author:びーえむ
  • FC2ブログへようこそ!
Twitter
Twitter ブログパーツ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク