スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月28日 詐欺


 もう年末ということで、稼動というよりは調査的なお店周り。

前からちょっと気になっていたことを試してみる。

 羽根モノのドッカンレックス。 最近では珍しくパンクのある完走型

の羽根モノ。 ヤクモノは非常によく出来ていて面白い。

しかし、オジャマモンというかなり絶妙に玉を遮る仕掛けにより、

V入賞率を思いっきり悪くさせていることと、ゲージ的に寄りにくく

羽根が玉を拾いにくい仕様からか、かなり辛い機種。

 せっかく面白いヤクモノしてるのに惜しいなぁなんて思いつつも、

打ち方で多少有利に出来るので、見つけると積極的に試してみたり

しています。



 さて某店にて入荷されたこの機種。 今日さらっと見て、釘的に

なんとかなりそうな感じだったので、チャレンジしてみることに。

 打ってみると、やはり辛い機種なので鳴きは良い。

最初の1Kで17回、拾いが6回。次の1Kで鳴き20回、拾い8回。

拾い14回の内、右ルート5回。で、オジャマモンを抜けたのが3回。

しかし、その3回はV入賞を蹴られる。 この時若干嫌な予感がしたの

だけれど、まあなんとかなるだろうと続行。



 打ち方で、左ルートのVのタイミングを狙えるのだけど、穴一つ

はずしの連発でイライラ。 でも今までの経験上、体感的にこれだけの

鳴き&拾いあれば玉は増やせるはず。 そう信じて打ち続ける。

 そして、ようやくのドンピシャタイミングで玉は回転体のVへ。

心の中でガッツポーズ!! やっと安堵の思いでハンドルから手を離す

も、そこには見たことの無い光景が。。。

 普通ならば、回転体からVに導かれるはずの穴から、玉はVへ行かず

穴に入ったままそのまま奥へ吸い込まれる

 意味分からない方は、 こちら のゲームフローの4をどうぞ。



 今までドッカンレックス何回も打ったことありますが、こんなことは

初めての出来事で、1分くらい自分はフリーズしました。(*´・Д・)エェェ



 良く考えて見ましょう。

こんな現象が起こる原因はおそらく奥への過度なネカセでしょう。

 重力により自然に落下しVへ向かうはずの玉が、Vへは行かない。

これは左ルートを完全に否定してしまいます。 そして、右ルートも

火山からVへ向かう際に、回転体と透明なプラパンを超えなくては

いけないので、奥ネカセはかなり状況が厳しくなります。

 ただでさえ辛いこの機種が、有り得ないほど辛い機種になります



 年末調整なのかもしれませんが、正直これはないんじゃないの?

なんて心の中で突っ込みを入れつつ退店。

 今年の年末年始は、予想以上に厳しいのかもしれません。

もし打たれる方は、心して挑んでくださいね。 (´・ω・`)



  人気blogランキング ← 応援のクリックをよろしくお願いします。^^


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

びーえむ

  • Author:びーえむ
  • FC2ブログへようこそ!
Twitter
Twitter ブログパーツ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。