スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「嘘と本当」と「本当と嘘」


 パチンコ店パチスロ店って、すごい大雑把になんですが、ガセイベント

をやるお店とやらないお店とに分ける事ができますよね。

 嘘をつかないお店って、ある意味優良店なんですけど、だからといって

勝ちやすいかといえば、ちょっと違いますよね。 だって嘘つかない優良店

ならば当然ながらお客さんもいっぱい来ますからね。

新たに「競争率」という、別の懸念が生まれるわけです。

 自分の場合は、人の行く裏に・・・ な人なので、なるべく並ばないような

お店を好むのですが、まあ並ばなくて良いと言うことはそのお店にはそれなり

の理由があるわけですよね。^^;



 お店は当然ながら営利目的なので、時には嘘もつかなくてはいけない

時があると思います。 ボッタクリ店は除くとしても、お店を経営する側と

しては、日々お客さんの懐具合やノルマとの戦いでしょう。

打ち手側としては、打つという事以前に戦う部分があるわけです。  



 そんなことを考えつつ自分の場合、お店を評価する際にそのお店のモラル

というものを結構気にしたりするんですよ。

 今となっては結構頻繁にお目にかかるガセイベント。

例えばそのガセイベント一つ取っても、お店の思惑というかお客さんに対する

態度というか、そんな感じのものが見える時があります。



 例えば、タイトルにあるように「嘘と本当」と「本当と嘘」

この2つのことを実際にイベントとしてやられたとしたら、どう評価します?


 ・ A店はガセイベントの後に本当のイベント。

 ・ B店は本当のイベントの後にガセイベント。


をしたとしたら?



 一見、どっちも同じような気もしますよね。どっちもプラマイ0のような

そんな感じです。 

 あくまでも自分の場合なんですけどね、自分だったらA店の方がどちらかと

言えば好きです。 A店は嘘の後に、汚名返上の為の本当のイベントで

なんとか信頼を繋ぐ努力が見えます。

 逆にB店は、最初に本当イベントで信頼させてから、ガセイベントで回収

しようとしているように感じます。 なんとなく悪意を感じます。^^;

 となると、お店の傾向を読むにおいて、A店の方が読みやすいですよね。

こんな思惑が本当なのかどうかは分かりませんけどね。^^;



 ただ、こういう目線を変えて考えてみることは、けっこう大事なのかなと。

リスクというものを考えてみると、本当にいろんな要因があると思います。

客観的になれれば分かる事が、時には客観的になれない時もあるでしょう。

 一見同じようで実は違ったりすることは、他にもあるかもしれませんね。



 人気blogランキング ← 応援のクリックをよろしくお願いします。


テーマ : パチンコ・スロット
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

びーえむ

  • Author:びーえむ
  • FC2ブログへようこそ!
Twitter
Twitter ブログパーツ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。