スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月10日 初めての大量獲得機


 今でこそ当たり前の存在となっている大量獲得機。

昔は大量獲得といっても、500枚も出れば大満足でした。

 思えば、パチスロのインフレが始まったのは、大量獲得機が出てから

のような気がしますが、当時はまだまだかわいいものでした。



20060910233512.jpg


 さて、自分にとっての初大量獲得機はというと、たしか山佐のツーペア

だったように思います。

 この機種はリプレイハズシができないので(厳密にはできますが激難!)

獲得枚数は運任せとなってしまうのですが、それがまたドキドキさせてくれて

自分は好きでした。 リーチ目も比較的単純なものが多く、ヘッポコだった

自分にとっても心地よかったですね。



 この頃の大量獲得機といえば、どちらかといえばアルゼのB-MAXを推す

人も多いと思います。

 でも、自分はあまり打ってないんですよ。。。汗

当時はビタハズシなんてもう神の領域くらいに思っていたので、打つのが

恥ずかしかったんですよね。^^;

 けっこう同じような思いをした人も多いのではないでしょうかね。



 でも当時は、上級者には上級者なりの、ビギナーにはビギナーなりの

楽しみ方があったようにも思います。 リール制御やリーチ目なんて詳しく

なくても楽しめましたし、逆に知っていれば知るだけ奥深いゲーム性を

楽しめた、そんな時代だったのかな。

 今のパチスロはゲーム性というものが、「爆裂までの過程」に置きかえ

られているのかなと。 ボーナス成立が熱かった時代から、熱いものが

ボーナス後の「何か」に変わっていくのも、4号機時代の大きな流れなん

ですよね。 もちろん賛否両論あるとは思いますけどね。



 このあたりから、だんだんと獲得枚数は度を越えていき、1回のBIGで

771枚獲得と行きつくところまで行ってしまいます。

 そして、だんだんとボーナス以外のものにコイン獲得を求める時代へ。

今では考えられないようなバブル時代の到来。

 さしずめ今のパチスロの状況は、あの頃の尻拭いなんですかね。^^;



 4号機時代、朝まで生討論会 ← オフ会を企画しています

 詳細は決まり次第御報告しますので、ご意見&参加表明お待ちしています。


 人気blogランキング ← 応援のクリックをよろしくお願いします。 

テーマ : パチンコ・スロット
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

びーえむ

  • Author:びーえむ
  • FC2ブログへようこそ!
Twitter
Twitter ブログパーツ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。