スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月15日 お店はナマモノ


 今月もようやく半分を終えたわけですけど、やっぱり思ったとおり

6月は状況的に厳しいような気がしますね。

 まあ7月になるとまた、8月に向けた開け開け月間になると思うので

今月は無難にやり過ごそうと思います。^^



 というわけで、今日は朝から稼動するも、そろそろ終わっちいそうな

新海のイベントに参加。 そして案の定終わっていることを確認。

 段々と回る台の数が減っていき、回るペースも減っていき、本日

満を持しての死亡確認。 

 もう少し頑張ればお客さんが戻ってくると思うのになぁと、要らぬ

お客様視点での物言いをしてみる。



 パチンコって本当に不思議なもので、「釘良し悪し=客付き」には

ならないんですよね。

 勝てる台なんて1台も無いお店でも、いつも満席なお店もあれば、

ちゃんと見せ台置いてくれてるのにお客さんがまばらで、厳しい

営業しているお店もある。



 普通ならば、有利なお店ほどお客さんが多くないといけないと思う

んですけど、なかなか見えざる手が働かないこの業界。

 そのバランスの歪みがあるから、努力次第では勝って行くことが

出来るというのが、パチ&スロの魅力でもあるんですけどね。



 こちらとしては、このなかなか客を付けられないという「歪み」の

状況を付け入るのも仕事のうち。

 でも逆にお店側としては、いかにこの「歪み」を作らずに、

あわよくば逆の歪みを作り出して利益を上げようとするのが仕事。



 勝ち負けを決めているのは機械であるにもかかわらず、これだけ

アナログなせめぎ合いをしている、人間臭い要素が満載なギャンブル

って、なかなか他に無いですよね。

 そういう見方で言えばパチ&スロというもののまた違った面白さが

ありますよね。



人気blogランキング ← 応援のクリックをよろしくお願いします。
  

テーマ : パチンコ・スロット
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです^^

パチンコを打ち始めて時からずっと考えてるんですよね。
「もしホール経営をしたらスロットではなくパチンコ客をつけるにはどうするのが一番有効的なのか!?」 って。

結局パチの客って大半の人が釘とかは関係なく、「この店出てるな」っていう意識の問題なのかな?って思います。
ちなみにびーえむさんだったらどういう方法が一番有効だと思います?

それと、勝手に自分のブログでびーえむさんの事紹介しちゃったんですけどOKでしたかね?もしご迷惑でしたら削除します。

re(イプシさん)

 自分だったら、客が付くまでは見せ台置くと思いますね。
お客さんが気にすることの第1位は、出ていることではなく
お客さんの人数だと思います。
 最低でも数人には座ってもらわないと始まらないと思うので。
 お店が赤字になるほど出していても、客数が少ないのでは
印象が全然違いますからね。

 あとは、キッチリと出す日というものを作ったほうがいいと思います。
お店が振るっているところを想像できないようでは
お客さんは座ってくれないように思います。
 あとは、接客は万全なくらい万全に指導するかなと。
 
 なんて偉そうな事を思うがままに書いてみましたが、
素人の戯言なので、聞き流してくださいね。

 まあ、結局はイメージ戦略なんだと思うんですよね。
 もちろん、厳しい時代なのでそう簡単なものでは無いと思いますが
回収と還元のバランスと、接客態度、きれいな環境作り。
 サービス業の基本は最低でも踏まえないといけないのかなと。
今はこの基本すらダメなお店も多いですから。^^;
 お客さんに信頼されて、初めていろんなことが出来るように
なると思います。
 
 自分がよく思うのが、この業界ってコンサルタント業があるわけですけど
いったいどういった指導をしているのかな?と
考えることがあります。
 コンサルタント業が成り立つという事は、立ち直るマニュアルが
あるということですよね。
 一度拝見してみたいものです。
唸らされるのか、それとも失笑なモノなのか興味シンシンです。^^

  

re

 紹介の方は全然OKですよ。^^
あんな褒め方をされて、ダメ出す理由がありませんよ。
 モチベーションが上がります。どうもありがとうございました。
プロフィール

びーえむ

  • Author:びーえむ
  • FC2ブログへようこそ!
Twitter
Twitter ブログパーツ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。