FC2ブログ

5月20日 ガセの有り無し

 なんか自分の知らない間に、額さんのとこでプチ祭りになってたので

ちょっと便乗してみようかなと。

 まあ、話の根本を言えば、パチ屋のガセはどうなの? ってな話

なんですけど、自分のスタンスで言うと、



 ガセじゃないイベント探す方が大変なくらいの今の状況なので

 そういうものだと思うのが定説。




 とまあ、こんな感じです。笑

でもこれって多分、本当に人によるんだろうなと思います。

専業やってる人でも、ガセにマジになって怒る人もいますしね。

結局は人というものは弱いもので、負けた責任を店に求めてしまう

ものなんですよ。 これが設定や釘の問題で無くても同じです。

 ガセなんて許せない!! と、憤りを感じている人には、



 まあ、お店もそうしないと利益出せないししょうがないよね。



 と、咎めてみたりして終了です。

まあ、早い話がこの議論は何も生まないんですよ。

 ならば、こんなことで波風立てる必要も無いんじゃないかなって

いうのが自分の考えですかね。 

 って、なんかスカしたこと言ってやがると思わないでくださいね。 

もうちょっと続きがありますから。汗



 昔を思い浮かべてみると、一部のギャンブル機種を除けば、お客さん

はそれほど勝ち負けにこだわってなかったと思うんですよ。

使う金額も、勝てる金額もマイルドでしたから。

 もちろん、昔も負けたくはなかったとは思いますが、そもそも使う

金額もま今に比べれば小さかったですし、プロもそれほどいません

でしたから、どちらかといえば娯楽だったんですよ。

 だから、パチ屋もイベントと言えば新装開店が主でしたし、今に

比べればちゃんと出していましたよね。

 新装以外にイベントをするとしても、内容はせいぜい

「今日は出すよ!!」くらいなもので、具体的に設定6とかそんなこと

謳ってたものは少なかったと思います。

 昔はそれで良かったんですよね。 ガセでもたいして負けなかったし

マグレで出れば、嘘から出た真になったわけです。

 それくらい昔は平穏だったんですよ。



 でも、今はガセだった時の被害額が違います。

ガセに対するお客さんの矛先は、負け額の大きさゆえにのモノなんだと

自分は思います。ただでさえ負けてしまったのにイベントもガセかよと

いう思いは、詐欺にあったものと同じインパクトでしょう。

まあ、ある意味詐欺なんですけどね。



 結局は、ガセをしてきたことに対しての副作用なんですよね。

イベント組んでも、もう客さんが打ってくれない。最終地点がココ。 

 お店は、なんとかここまではならない程度にガセを入れつつイベント

を組み、利益を上げようとしてます。

ガセがあたりまえになっている時点で、もうすでに末期だということ。

 今の状況を見ていると、そんな風に思ってしまいます。



 まあ、悲観していてもしょうがないので、こちらお客側としてはもう

ガセに対して厳しく対応していくしか無いんですよ。

 どの程度のガセならば許容範囲なのかを自分の中にライン引いて、

駄目なお店には行かない。 これくらいしか防衛手段は無いわけです。

そう考えるとあら不思議。ガセなんてなんとも思わなくなります。笑


 自分的にはガセイベントってあってもいい派なんですよ。

絶対にガセの無いお店というのは、それなりにお客さんは集まって

しまうので競争が激しくなりますよね。

 だったら、ある程度ガセのあるお店で自分なりに立ち回れる方が、

結果的には自分がいい台を打てる機会が増えるわけです。

ようするに、ガセの信頼度が人との差をつける要素に成り得ると

いうことなんです。

 そして、この要素が勝つためにおいて考えさせられる面白い要素。

お店との駆け引きとなるわけですよね。

 結局はバランスの問題。 その人なりのバランス感なんですよ。

お店側の意見も理解できるし、打ち手側の意見も理解できる。

 

 でも、自分的な意見を言うと、結局何がいけないのかと言えば



 みんな殺伐としすぎているんじゃないかな? と。



 そもそも、ガセとかそういうこと以前に、諭吉を何枚も突っ込ん

じゃう状況が異常なんですよ。 まあだから5号機とか、パチだと

ゴーマル機が無くなったりしたわけなんですけど。



 ようは自制心と射幸心のバランスの問題だと思います。

お店は煽り過ぎないように、客側は理性を無くしてギャンブルしない

ように、バランスを考えてやりましょうよ。

 熱くなる時点で、すでにそのバランスが崩壊しているということ

なのではないでしょうか。

 トムとジェリーを見習って、仲良く喧嘩しましょうよ。笑

これくらいの関係が、一番シックリ来るような気がしますね。



 人気blogランキング ← 応援のクリックをよろしくお願いします。


テーマ : パチンコ・スロット
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

個人的には・・・

イベントのガセはどうしようもないですからね
額さんのブログ読みましたが実際ウチの店長
も月の利益目標が厳しい時は普段しないイベント(ガセまでいかなくても回収色が強い)をしてましたしね。 実際お客さんでちゃんと見抜ける人って少ないと思います。一般的には『出てない=ガセ』 となりますが、アラジン10台ほどでオール6でも店側プラスとかもありますからね。ホントに分かってて『ガセや!』っていう人はどれくらいいるのでしょうか・・・結局は自己責任なんですからガセイベントに振り回されてる人が店に怒るのは筋違いだと思います

的を得てらっしゃると思います。

本来、博打の世界では“負けてる人”=“お客さん”は場主からは当然のこと、
“玄人”からも重宝され、大切に扱われるべきなのですが、
“負け組”の人は今は簡単に淘汰されますからね。
負けるべくして負ける人はいつの世にもゴマンと存在するのですが、
そういった人が“負けすぎないように”する努力は、お店のみならず“勝ち組”の人も考えなければいけません。
博打の自然な姿を見直す時期なのかもしれませんね。

私なんかは、ガセイベントだらけの現状の方が
むしろ自然な姿と思えますよ。
古風ですかね?(笑)

re(らちぇさん)

 自分の場合、結局は自浄作用が働いていないということで
お客側のガセに対する制裁が足りないんだと思うんですけどね。
 ダマされても結局また行ってしまうことが、次のガセを生むわけ
だと思いますし。
 
 昔は、スロットってお店の端の方に1,2島っていうのが
当たり前だったんですよね。
 自分的には一度そのくらいまで追い込まれた方が、いいのかな
なんて思ってます。
 だいぶ議論されてますけど、やっぱり是非はともかくとして
ダマして利益を上げるのが非難されない業界は異常だと思うし
変わらないといけないのではと思ってますね。
 

re(CHさん)

 自分の場合、ちょっと違うのかもしれませんけど、ガセはガセでも
そのやり方なんだと思うんですよね。
 お店は、ガセイベントをするにしても、お客側のインパクトを
ちゃんと考えないといけないと思います。

 例えば、お盆とか正月なんて明らかにガセが来る時期なんですが
アレの場合はお客さんも、しょうがないと思ってくれるんですよね。
 ガセにするにしても、「しょうがないな」と思わせるような手法なり
内容なりをやってもらいたいというのが、自分の意見かなと。
 だって、自分はガセと分かっていても、周りのお客さんが
ブーブー言ってるのは、やっぱり良い気持ちはしませんから。。。

 ちなみに、この問題はさらに掘り下げると、専業の問題へと
発展する気がするので、そろそろやめておきます。^^;
 
プロフィール

びーえむ

  • Author:びーえむ
  • FC2ブログへようこそ!
Twitter
Twitter ブログパーツ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク