スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立ち回りの基準


 このテーマ、一番文章が浮かばなくて困りました。^^;

だって立ち回りといっても、多分パチスロ打ってる人は基本的にどうすれば

勝てるのかという事は分かってると思いますからね^^;;;



 高設定を掴み、最大限の割を取りつつ、いっぱい回す。



 これって、スロッターなら至極当たり前の事。

これについて、自分なりに方法論を掲げても、人によってスタイルとかも

違いますし、なかなか表現するのが難しいです。



 高設定を掴むには、高設定を入れているお店に行き、高設定を

見つけられる機種を打ち、見つけたらいっぱい回す。



 最大限の割を取るには、毎ゲームきっちり目押しを頑張る。



 いっぱい回すには、もう根性しかない。



 この3つがちゃんと出来てれば、きっと負けないですよね。

そして、ちゃんとこなそうと思えば、それほど難しい事でも無いはず。

 多分、この過程においてお金がかかってたりするから、なかなか自分に

厳しくなれないのが、パチスロの難しさなのかなぁと自分的には思ってます。



 高設定を掴むのが、一番の難関なんだろうと思いますが、これもキッチリ

頭で整理して望めば、それほど大変な事では無いと思います。

 設定看破が出来る機種を、設定が入る時だけ打てば、前回書いた参加期待値

を積む事が出来ます。 これだけで正直、勝てちゃうものなんですよ。

 もしこれで勝てないのであれば、それはお店が嘘ついているのか、自分が

高設定を捨てているからでしょう。



 だから、絶対にガセイベントに参加はしない。 または信頼度が分かって

いるならば、その信頼度を参加期待値の計算に加味すればいい。

 自分がもし高設定を捨ててしまっているならば、捨てないよう勉強し

見切れるまで打ちぬけばいい。 たったこれだけのことで、

おそらくパチスロというものは負けません。

 そして、今挙げた事は自分の中の意識の問題で、やろうと思えば多分誰もが

出来る事なのではないかと思います。



 あとは、打つまでの優先順位のために、期待値の天秤とかを頭の中で整理

出来ればいいだけです。

 この部分を、自分なりに日々グルグルと考えているというのが、

自分的な立ち回りの考え方かなぁと。

 自分の思考の中を書いてみるとすると、



 お店  >  機種  >  台  >  結果



 お店選び

 まずはお店を決めるわけですけど、当然ながらたくさんの優良店を知って

いれば、その日に打つ選択肢が増えるわけですよね。

 自分の場合、その日に使えるお店が2,3店はあるように、常に

店の開拓をしています。

 お店は、今は優良店でもいつかは死にます。 ずっと通いなれているお店が

あるとしても、いつ死んでもいい様に他にも行けるように常に探しています。

高設定が掴めなかった時は、なるべくお店の開拓に時間を使うと、稼動に

穴が空かず、安定した収支を挙げられる要因になるでしょう。

 ようするに、優良店は多く知っておいて損はないということです。

その中から、その日に掴める公算の高いお店に行けばいいわけですからね。



 機種選び

 ここはちょっと難しいですよね。。。

自分の場合は、リスク最優先にしていますけど、当然ながらリスクとリターン

との兼ね合いで決めるべきです。

 自分の中で悩む事があるとすれば、今の機種の場合、割120%の機種の

存在をどう処理するべきかというところですかね。

 現実的なのが、吉胸&北斗の設定6のような機種。

これらはお店が比較的設定6にこだわったイベントを打ちやすく、掴める状況

もそれなりにあるということ。

 掴めれば、納得できる期待値が積めるわけですし、読みに自信があるの

ならば果敢に攻めても良いとは思います。



 ただ、自分の場合、よほどの限りは狙いません。

それは、何度も出てきていますが参加期待値を元に考えているからです。

 読みで1/2くらいまで絞れれば狙うかもしれませんが、それ以外では

他を打った方が期待値が高いことが多いです。



 逆にノーマルAタイプの良いところは、期待値がそれなりにあるのに、

速攻で否定して次を触れるところです。

 120%の割は無くても、触れる台数で勝負できるうえに、高設定が

ある程度分かって打てるので、設定看破に時間を取られて1台に時間を拘束

されることがありません。

 もし、ノーマルAと120%機種の両方を触れるとしたら、優先順位は

ノーマルAタイプに軍配が上がるでしょう。

 状況によっては、ノーマルAを否定してから120%機種に参加する事も

できるわけですからね。

 自分の中では、機種選択の優先順位は、



 設定看破可能  >  数多く触れる  >  割  >  リスク



 これを元に、頭の中で優先順位を決めるわけですが、実際にはお店の

設置機種と、ダメだった時の次のお店の設置機種との兼ね合いなど、

立ち回りの優先順位をつけるのは、なかなか悩むんですけどね。

 ちなみに、今の4,7号機は選択肢には入ってません。6確定以外は打つ機会は
無いでしょう。 理由=参加期待値




 台選び

 これは朝イチで座る台は、各人の台読みになってしまいますが、その後の

ことも考えて打つ事で、立ち回りに幅が出来るときがあります。

 自分の台は、一番自分がじっくりと見る事が出来るので、自分以外の台に

注意を向けるクセをつけると、意外な拾いものをする事があります。



 分かりやすい機種でいえば、ニューパルサーなどノーマルAは、

朝ちょっと触って捨てちゃう人がいるので、朝イチのリセットの有無と

打っている人の実力を観察する事で、高設定を拾える事があります。

 あとは、状況に応じてですが、他の機種の空き台具合なども気にしつつ

打つ事で、参加期待値を多く積む事ができますよね。

 朝の数分がその日の勝敗を決めるといっても過言ではないので、この時間の

自分の台と、そのほかの台の状況把握は、できればやった方がいいです。



 こういった立ち回りを、自分が決めた打てるラインの中でやりくりします。

そして、おそらくこれが一番大切だと思うのですが、その日の立ち回りが

運悪くダメになった時、絶対に未練打ちをしないことです。

 ある程度時間が経過し、特に高設定のあても無いのに、「かもしれない」の

誘惑に負けない事がすごく大事です。

 パチスロというものは、ある意味時間との戦いという一面もあり、

時間が経過するほど期待値も下がっていきます。

 例えば半日経過した時点で、等価ですら期待値半分、低換金率では

1/3~4とかになっていて、リスクを負う価値は全くありません。

 負債を負ってると、取り返したい欲に駆られて「これがが設定6だったら」

と希望的観測で打ってしまいがちです。

 長い目で見れば、打ってもリスクに対して期待値は少なく、打つ価値は

ないと考えた方が無難です。

 打たないことの大切さを知る事が、実は収支を上げる一番の近道なの

かもしれませんよ。 打たなければ負けないんですから。

 負債を負った悔しさは、翌日に返してやれば良いんですからね。



 最後の一言

 立ち回りとはちょっと違うかもしれないのですが、自分の場合移動に

電車を使っているせいもあるのですが、かなり遠出することがあります。

 日によっては、店から店へ1時間とかも結構あります。



 また、高設定を入れるお店を見つける為に、たとえ遠くても何回も観に

いく事も多いです。

 例えばジャグラーなど、ちゃんと高設定入れていたのか分からない機種は

お店の信頼度を確認する為に、高設定の挙動をした台を、次の日下げたで

あろう確認をしに変更判別しに行ったりします。(設定上げの対策する店は

あっても設定下げは滅多に対策はしないものですw)



 ニューパルにしても、少しでも設定の匂いを感じたら、全台触ったりして

お店の傾向は把握しておくようにしています。 高設定入れてなければ、

それはそれでダメな店だということが分かるわけですからね。

 一番ダメなのは、入れてる「かもしれない」の状態なので、なるべく白黒

ハッキリさせるようにします。 でないと、朝の店選びに支障が出てしまう

ことになりますからね。



 こういう話をすると、「そこまでは俺はできないなぁ~」なんて良く言われ

たりもするのですが、自分はいつもこう思います。



 「出来ない」と、「やらない」は同じようで違うよ。 と。



 もしこれが、自分が会社に勤めているとして、上司に命令された事だったら

多分、みんなやると思うんですよ。

 または、これをやれば月OO万給料あげるよ。って言われたら、同じように

やると思います。

 難しい事は何一つやってないんです。

おそらく人がやってない事をやっているだけというのが、パチスロで

勝てる人と勝てない人と差なのかなぁと自分は思います。

 ようは一番大事なのは、勝つ事に対する心構え一つなんだと。



 良いお店を見つける努力。

 高設定を掴む努力。

 勝てない台は打たない心の強さ。

 掴んだ高設定は絶対に捨てない心の強さ。



 みんな少しの努力と、勝ちに対する意識の持ち方一つで、誰でもパチスロは

勝てるようになれるものなんだと思いますよ。

 今回のテーマは「立ち回りの基準」ということで書いて見ましたが、

方法論というよりは、精神論になってしまいましたね。^^;

 でも、本当にいつも思います。 なんでそれ打っちゃうかなぁ・・・って。



 適当な台打って、挙動に任せて運勝負っていうのも、それはそれで

ギャンブルとしてみれば面白いかもしれません。

 だけど、パチスロには他のギャンブルには無い、勝つための方法が残されて

いるのだから、それを追求していかにして勝つのかという技術や理論に

面白さを感じても良いような気がします。

 どうやったら勝てるのか、ジタバタするのもまたパチスロの楽しさ。

高設定という宝を見つける宝捜しゲームだと思うと、また違ったパチスロの

楽しさに出会えるのではないでしょうか?


 以上、立ち回りの基準でした。
 


人気blogランキング ← 頑張って書きました。 ポチを~(TT)


テーマ : パチンコ・スロット
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

おつかれさまです^^

店探し・・・そーいや最近全然してないなあ(汗)
よし!明日は店まわりするか。
感謝のポチしときますね^^

ハロぅ!

サイト見てたら記事が載っていたので、見にきました。また見にきますね~!

未練打ち!

自分の立ち回りと照らし合わせて読ませていただきました。
「未練打ちをしないこと」。一番大事なことだと思いました。
過去の負けている立ち回りの中で圧倒的に多いのが「未練打ち」ですね・・・。というか「乱れ打ち」という噂もありますが・・・(笑)
精神的に弱いから未練打ちをしてしまう。ので、結局は、精神的な部分、考え方が大事ですよね。
強い精神力があってこそ、方法論も生きてくるでしょうからね。
これからも、楽しみに読ませていただきます!

以前から拝見させて頂いておりますが初めて書き込みます!
>>「出来ない」と、「やらない」は同じようで違うよ。
この一言がすべてなような気がします。
なんか「じーん」ときました~。
これからも更新楽しみにしておりますので、がんばってください。

これr

最後の

これr
は、間違いです。すんません、、、

Re(ジンさん)

 お店も、優良店は人それぞれですからねぇ。
でも、自分の中に基準を作り、それにあったお店をたくさん
知っているだけでも、立ち回りに幅が出来ますからね。
 是非、お店探ししてください。^^

Re(COMさん)

>サイト見てたら記事が載ってたので

 はて? どこのさいとでしょう?^^;
またのおこしをお持ちしてますね。

Re(りょーたさん)

 朝の立ち回りで高設定取れないと、あとは残り物ばかり。
 たまに高設定捨てられていることもありますけど、あいまいな台を
触るのは分が悪いですからね。^^;

 自分でちゃんと細かく収支つけると、いかに無駄かというのが
分かると思いますよ。
 自分も昔はしてたんですけどね。^^;

朝の数分の大切さは身にしみて分かります。
そして未練打ちはしない。
実はこれが最も難しいかと。
だってみんなスロットが大好きでしょうから。
未練うち禁止!
さて心に刻みこもう。

Re(まさおさん)

 いらっしゃいませ。はじめまして。^^

 実は、いちばん書きたいことでした。
これはスロットだけじゃなく、すべてに通ずるものだと思います。
 
 これは、「やってみた」人だけに分かるセリフだと思いますね。
 なんでもそうですけど、一番最初はやってみることから
始まりますからね。^^

Re(めがねさん)

 そうですね。 好きだから打っちゃうっていうのも分かります。^^;
でも、スロットってお金が無くなっちゃったら打てないわけですから
無くならないように心を鬼にする事も大事だと思います。

 完全に遊びと割り切って打っているお客さんは、それでも
問題無いんですけどね。
 勝ちたいと思って打っている人には、耐える心も必要だと思いますね。^^
プロフィール

びーえむ

  • Author:びーえむ
  • FC2ブログへようこそ!
Twitter
Twitter ブログパーツ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。