スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哀悼の意と日本人らしさ



 アップルのスティーブ・ジョブズ氏が亡くなりました。
自分はアップルの製品を持ってはいませんが、彼の人生観や言葉には
沢山の影響を受けています。
ちょっとばかりタイムリーからは外れてしまいますが、思うことを書いてみます。


今でこそアップルは世界を代表する大企業になりましたが、そこに至るまでに
かなりの紆余曲折があって、ジョブスは一度アップルから追い出されています。

普通ならそこで凹んでるところでしょうが、彼はその後すぐに新しく会社を設立し
OSの開発へと向かって行きます。
そして、その一方でルーカスフィルムからコンピュータ関連部門を買収。
ピクサーを立ち上げるのですが、のちにディズニーのトイストーリーの大ヒットに
繋がり、ディズニーにピクサーを売却。

これらの一連の事業が、再びアップルへ戻るキッカケとなり、そしてアップルを
より大きく大きくする要因へと繋がります。
今のアップルのiチューンズやiパッド、iフォーンは、ジョブスが一度アップルから
追い出されなければ世に出てこなかったのかもしれないのです。



自分の好きな言葉の一つに

「その時は不幸だと思っていたことが、後で考えてみると、より大きな幸福の為に
 必要だということがよくある。」

というのがあります。


ジョブスも、どん底時代に悲観せず、自分の信念を曲げず、ほんの少し
目線を変えた事が、後の大成功に繋がったのかなと。
もちろんそんな簡単に言ってもいい事ではないと思いますけど。

苦境に立たされた時に、何を思い何をしたのか。
それによって、その後の転機に繋がったりするものなんですよね。
そして、過ぎ去った後に振り返ってみて思うのでしょう。


コンピュータが、終わった日
どん底時代のスティーブ・ジョブズの思い出
スティーブ・ジョブズ死去にともない彼の人生を振り返るべく経歴をまとめてみた
ジョブズ氏死去に、ビル・ゲイツ氏やオバマ大統領が追悼の声明を発表


 ◇ ◇ ◇ ◇


さて、全然話し変わりますが、日本でビルゲイツやジョブスのような人物は
なぜ現れないのか。
世界を変えるような大きな視野を持った日本人は、おそらく日本の風土的に
芽が出たところで潰されているのか?
社会的に出て来れない環境になっているという目線。良くも悪くも日本的というヤツ。

でも、不思議とコンテンツの世界ではなかなか発想力は高いんじゃないのか日本人!
と思わされることが多々あります。







でもね、こういうちょっと人を幸せにする発想っていうのも大事と思うんです。
イグノーベル賞とかも日本人は常連さんだったりするし。
きっとこういうチョットした事の発想力は日本人の得意分野なのでしょうね。

べっ、別にネコミミの動画を貼りたくって無理やりこじつけたわけじゃ無いんだからね!!

“ネコミミ”の追跡取材



最後に、ジョブス氏のその偉業に対し、心から尊敬と感謝を捧げ、謹んで氏の
御冥福をお祈り申し上げます。



人気blogランキング

  ↑  いつも応援のポチを押して頂き、ありがとうございます。


 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _



 お知らせ

 管理人は Slotter’s Bar というお店をやっています。
 詳しくは こちら をご覧下さい。

 twitter の方でも、ドンドンつぶやいていく予定ですので良かったら
フォローしていただけると嬉しいです。
(slottersbar で検索していただければ分かると思います)

コメントの投稿

非公開コメント

意をしめすのは、追悼でなく哀悼です。

レス

返事が遅くなりました。
ご指摘ありがとうございます。
プロフィール

びーえむ

  • Author:びーえむ
  • FC2ブログへようこそ!
Twitter
Twitter ブログパーツ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。