スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャンスのキッカケ



 なんか、AKB48の最新シングルの初動売り上げランキングが、ミスチルの
歴代記録をぶち破って一位を取ったそうですね。
まあ巷では「おまけCD付投票権」とか言われてますけれども、それにしてもこの
CDがなかなか売れない時代においてこの勢いは素直に凄いと思います。
銭形の影響もあり~ので、ちょっと興味を持って色々と調べてみたら、なんとなく
だけどAKBが何でこんなに人気が出たのが分かった気がしました。


AKBって、人気投票で順位をつけてグループ内競争を促しているのが強い理由
なんだとは思いますが、その内側というかその競争の中でもがいている各メンバーの
姿が凄く良くわかる動画があります。

2つ前のシングル曲に「チャンスの順番」って曲があるんですけど、この選抜メンバー
を「じゃんけん大会」で決めているんですよね。
そして、その決戦の武道館での各メンバーの一日を、全員にカメラマンが付いて
色んな素顔や想いを観られるんですよ。 コレ → AKBのリアル

 

最初はAKBって、なんか素人のオネーちゃん集めたグループ位にしか思っていなかった
のですけど、これを観てしまったらなんか完全に考えを覆されましたね。
グループの中には、激しい競争が確実にあって、各メンバーが自分のキャラクター性や
メディアへのアプローチを真剣に悩みながら活動しているんだというのが痛いほど
分かります。 

こういう姿を、劇場で直に見せられたり、メディアを通じて見せられたりしたら、ファン心理
としては応援しなきゃ!!って気になるのも分かります。
キャバ嬢と違うのは、お金を直接援助ではなくて、彼女達の夢への応援という形。
色々と手法に批判もされているみたいですけど、自分としては素直にこのシステムを
確立した秋元康は本当に凄いなぁと。

でも、今こうやってAKBが売れたから良いものの、こういう商売ってデッドオアアライブで
勝てば官軍なんですよね。 失敗したら、ただただフェードアウトして消えるだけ。
たしかAKBもつい最近までは、なかなか人気に火が着かなくて資金繰りに四苦八苦して
いたと聞いています。



秋元康の「天使の順番」の総評の言葉で

 「芸能界で長く仕事をしていると、運の流れというものをすごく感じるんですよ。芸能界は
頑張れば頑張っただけ、必ず評価されるという世界ではありません。なかなかスポットが
当たらないメンバーにとってみれば『じゃあこれ以上、いったい何を頑張ればいいのか』と
悩む事もあるでしょう。それでも僕はみんなに、日々の努力を求めている。
それは頑張りながら運が巡って来るのを待つしかないから。ダメだったからと諦めてしま
ったら、その先は確実にありません。でも諦めずに待っていると、何かの表紙にちょっと
だけドアが開く事がある。
そこに今回は内田と石田がスッと入れた。諦めずに待っていた二人が入れた。
それが良かったなと思っているんですよ。(タイミングや運の大事さを、野球で例えた後に)
ついに内田と石田に打順が回ってきた。『さあ、打て!』という気分でいます」


 敢えてチャンスを与えて、そこで夢とチャンスに賭けているメンバーの姿を見せる。
天才的なファン心理を煽る戦略でしょう。
これを「面白い」と取るのか、はたまた「滑稽」と取るのかは賛否両論あるとは思いますが
自分は前者で凄い面白かったです。
こういう時にね人間性って出てくるんですよ。装っているアイドルの本当の姿が。
究極の人間観察なのではないかと。 秋元康は間違いなくド級のドSですよね。



この件をキッカケに「チャンスの順番」気に入りました。
パチンコパチスロでハマッている時に、早く俺にもチャンスの順番来ないかなぁ
なんて思いながら鼻歌歌ってます。 はいそこ、キモいって言わないように。(笑)








人気blogランキング

  ↑  いつも応援のポチを押して頂き、ありがとうございます。


 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _



 お知らせ

 管理人は Slotter’s Bar というお店をやっています。
 詳しくは こちら をご覧下さい。

 twitter の方でも、ドンドンつぶやいていく予定ですので良かったら
フォローしていただけると嬉しいです。
(slottersbar で検索していただければ分かると思います)

コメントの投稿

非公開コメント

動画ちょっとみました。
規模は違えど、自分もこういう境遇に立ったことがあって、うっかり勝ってしまって頭が真っ白になった記憶がありますw

レス

自分も昔、チャンスの順番をスルーしてしまったことがあります。
でも、その時にわかったのは、努力をしていると、それを観てくれている人が
現れるという事を学びました。
当時は、そんなチャンスを自分から逃してしまったんですけど
今思えば良い思い出ですね。
プロフィール

びーえむ

  • Author:びーえむ
  • FC2ブログへようこそ!
Twitter
Twitter ブログパーツ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。