スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

与太話







 たまには与太話でも。
動画はどうやら、キスの際の舌の動きを再現する為のデバイスの開発らしい。
コレだけだと、ただストローの回転だけを遠隔に伝えるだけのデバイスですが
将来的には舌の伸縮自在な動きを伝える事ができるようになり、離れた相手
との相互キスや、記憶された動きに対するキスができるようになるそうです。
動画でも語られてますが、これをアイドルなんかに使って貰うと強烈なコンテ
ンツに成り得ると。


自分のお店のお客さん相手に会話する際に、よくこんな与太話をするのですが
ある意味、社会は人間の生殖行動の衝動で動いているという側面があると思う
んです。
男性は単純に「もてたい」衝動は性的衝動であり、より良い種を残そうとする本能
ですよね。 すべてではありませんが、収入や社会的地位も広義で言えば性的
衝動の一部なのだろうと。 
そして、そうなりたいという願望がモチベーションに変わり、社会が回っていると
言えるように思うのです。


自分達が思春期の頃、周りにはまだそんな性的衝動を満たすようなモノはあまり
無く、Hビデオなんかは買うと1万円とかしたので、どこの誰かが手に入れたビデオ
なんかをこっそりダビングしたり貸し借りしたり。はたまたHな本をこっそりと購入したり。
そんな悶々とした中で自我も芽生え、そして異性へのチャレンジへと繋がったと。
見えない同性内抗争を踏まえて、男性的な人間的な成長をしていく。
性的に不自由だったからこそ、良い意味で必至にもなれたわけですよね。


今はアダルトDVDやネット動画をはじめ、性的な衝動は安易に抑える事ができるよう
になりました。 恋愛もゲームによって疑似体験できるようになり、ただの性的衝動
ならば風俗により満たす事もできます。
ようするに、男性にとって対異性のさまざまなコミュニケーションが、徐々にヴァーチャル
で再現され、物理的コンテンツ的に満たされようとしています。
案外、日本の少子高齢化の一番の原因なのかもしれません。(笑)


こういうニュースを聞きつける度に、また一歩未来が近づいたと胸が熱くなりますが、
はたしてこれらが本当に人類にとって意味のあるものなのか。
はたまた衰退の一歩なのか。
まあ、人間は欲望の赴く方向へ技術が向けられるので仕方が無い。
迷走を続ける日本。 どうせなら行き着くとこまで行ってしまえ~。HENTAIを極めろと。

最後に、あくまでも男性目線の完全な与太話なので苦情は無しでお願いします。(^q^)





人気blogランキング

  ↑  いつも応援のポチを押して頂き、ありがとうございます。


 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _



 お知らせ

 管理人は Slotter’s Bar というお店をやっています。
 詳しくは こちら をご覧下さい。

 twitter の方でも、ドンドンつぶやいていく予定ですので良かったら
フォローしていただけると嬉しいです。
(slottersbar で検索していただければ分かると思います)

コメントの投稿

非公開コメント

前回のコメありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ

確かに欠損が返ってくるって考えってハマってる台が連チャンするって考えと一緒のレベルですよねΣ(・□・;)(笑)

で、今回のブログネタですが昔は彼女とかいても他の子といい関係になりたいって遊んで、よく修羅場になりましたが(^^;;

最近はそれによって揉めるほうがシンドイと感じるようになってしまいました
これは生物学的男性としては非常事態なんですね(笑)

今回の話はかなりツボでした笑
そんなびーえむさんが大好きです!笑

レス

ぽっぽさん

自分は逆で、若い頃相手にやたらと浮気されてましたね。
以降、お一人様が苦でなくなるほどシングルライフを
満喫しております(笑)
ええ、非常事態継続率は常夏蝶々も真っ青ですよ。


みの君

こんな話がツボだったんだね。
また今度与太話語りましょう。

前回のスレありがとうございました。

質問ですが愛があればHは必要ないと思いますか?

レス

AMBさん

なかなか一言では言えない質問だと思います。^^;
受け売りですが、早稲田大学には恋愛学という講義が
あるそうなのですが、その講義で恋愛とは「セイヨクの詩的表現」
という一つの答えを出しているそうです。

「愛」という定義も難しいですよね。
自分は、Hが性交という括りでいうのならば100%必要
とまでは言いませんが、Hを愛情のコミュニケーションと
するならば必要だと思います。
理屈っぽくてスイマセン。(汗
プロフィール

びーえむ

  • Author:びーえむ
  • FC2ブログへようこそ!
Twitter
Twitter ブログパーツ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。