FC2ブログ

7月1日 九死に一生

 6月も終わり、ようやく1年の半分が過ぎる。

今年はいつも以上に上半期は苦戦しているみたい。

とは言っても、その中で足をひっぱているのは5月のみ。

たったの1ヶ月ですごいやられた感がある。



 6月の真ん中頃に、ダメな理由にやっと気づき、ようやく

不調から脱した感がでてきてホッとしているけど、やっぱり

スロットはメンタルが大事だなぁと痛感した。

 5月の凹んだ一番の理由を考えてみると、ちょうどその頃から

今以上に収支を上げるように頑張ろうとした月。

期待値を稼ごうと、必要以上に台を触っていた。

そうこうしているうちに引き弱が足を引っ張り、ますます打た

なくちゃ感が強くなり、いつの間にかカラ回りをしていた。



 6月の中ごろ、ようやくそのことに気づいてからは、収支も

ついてくるようになった。

以前に書いた、「打たない」ということの重要さも痛感。

 そして、ストレスやメンタル面の重要さも再確認しました。

スロットは期待値を積んでいくことが重要だけれど、その期待値の

計算や、打つ打たないの判断力などをメンタルの低下により

鈍らせてはいけない。

 自分が、周りから失笑をかいながらも実行している、「ぶん回

さない、食事休憩をとる。」は、そういう面では多少収支は落と

しても、プラスに働いている方が大きいと思う。(ぶん回す時

もあるけどw



 6月は、収支的にはショボい結果だったけど、次に繋がることを

けっこう頑張ったつもりなので、その成果を今月に出せるように

気楽に頑張りましょう。 ノンストレス主義で。 笑



 ---------------------------



 さて、ここからは株の話でも。 これからは上にスロ、下に

株のことを書いていこうと思いますのでよろしく。



 前日に書いた(5721)エスサイエンスだけど、こいつの暴れっ

ぷりは本当に肝を冷やしました。

 54円@10000で買い直したあと、次の日寄りから一気に

吹き上がります。 これは今日も強いと思い、さらに買い増し。

67円@10000で成り買い。持ち株は60円@20000に


 しかし、コレが大大大誤算で、まさに高値買いの模範。

後場に入り一気にトレンドは下降気味に。

この時、頭の中では「出来高がついて来ないなぁ。大人が

いないぞ?」と警戒感はあったのだけど、朝の寄り値は割らない

だろうとの思惑でホールドしてました。

 

 そして、恐怖の2:30に事はおこる。

ジリ下がりで、ついに最後の抵抗ラインの60円を割ったと思うと

ここから個人の恐怖の狼狽タイムに突入。ほんの数分で43円ま

で急降下。あまりの下がる勢いで、損切りすらさせてくれない。

 午前中は、まばたきすれば1円上がるような状況で、頭の中では

お花畑が満開でしたが、後場の最後はまばたきするたびに、

2,3円下がる状況で、頭の中はカイジの「ぐにゃ~」でした。w

 まあ、原因はいろいろあったみたいだけど、低位株の終わりと

いうのが、もっぱらの見解かな。

 

 そして、今日の朝の取引。 自分に与えられた仕事は、いかに

して、高く損切りするか。これのみ。

幸い、エスサイエンスはまだ楽観論が強く、朝からは買い圧力が

強い。 寄りの一番高いところですべてを売りさばいてお仕舞い。

結局、56円@20000注し売りで、なんとか難を逃れました。



 結局、トータルでは+70Kだったのだけど、2日間の中で

何十万もの乱高下を体感させてもらえて、いい勉強になりました。



 今回のこのエスサイエンスは、完全な仕手株です。

材料は明らかに株価吊り上げ用に作ったようなものなので、手を出

さない方が懸命です。

 今日、途中でエスサイエンスのHP中のIRが意図的に改ざん

されました。ようするに個人投資家の狼狽を意図的に狙ったもの。

正直、ここまでするんだと驚きました。

大人は、今日はその狼狽を安値で拾ったものと思われます。

相手は何段も上なので、個人は踊らされる運命。

その中で、仕手の思惑を読み切れれば、莫大な利益は上げられそう

だけど、危険のほうが大きいかな。。。

 ただ、長期で見ればココは上がる気もします。



 とりあえず、自分は九死に一生を得られたので、ちょっと手を

出しにくいところ。 でも一つ言えるのは、



 すげ~楽しかった。笑



 根っからのギャンブラーらしいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

びーえむ

  • Author:びーえむ
  • FC2ブログへようこそ!
Twitter
Twitter ブログパーツ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク