スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悔しさをバネに



 注目された女子フィギュアースケートでしたが、残念ながら浅田真央選手は
銀メダルに終わりましたね。
前回はわずかに年齢が足りなくて出場ができず、4年待ってのオリンピック。
色々な想いがあったことと思います。

 悔しくて泣いていたけれど、銀メダルだって十分胸張っていいと思う。
日本中が良くやったっねって、頑張ったねって思っているはず。
浅田選手は、きっと悔しさはバネにすることができると思う。
次のオリンピックが楽しみになったと思えばいい。


 ◇ ◇ ◇ ◇


 ただ、今回のフィギュアスケートで思ったこと。
金メダルのキム・ヨナ選手は、ブッチギリでの高得点。
採点方式が、高度な技に果敢にチャレンジするよりも、ミスをしない事の方が
高得点を取りやすい。
それに沿って、演技のプログラムも1年ずっと変えなかったらしい。

 いわば点を取るための演技。
その事自体は批判すべきでないと思う。オリンピックは国を挙げての祭り
であるし、その結果が国自体の活気や経済効果に繫がる。
キム・ヨナ選手にも、そういった事情が肩に重くのしかかっていただろうし
競技を終えた後の涙は、そういった重責を終えてホッとした涙だったの
だろうと思う。

 逆にね、どうして浅田選手に得点の取れる演技プログラムを作って
あげなかったんだろうと疑問に思った。
トリプルアクセルを飛べさえすれば、金メダルを取れたのはもう昔の話。
今回はミスをしなかったとしても、点数的には勝てていなかった。
となると、これはもう選手の技術というよりはコーチ陣の戦略の問題
なのではないかと思ってしまう。

 ルール上の不満を言ってもキリが無いけれど、できるならば次の
オリンピックでは同じような悔しさを選手に味わせてはいけない。
勝っても負けても健闘を称え合う。そんなオリンピックであって欲しい
なと思いました。




人気blogランキング

  ↑  いつも応援のポチを押して頂き、ありがとうございます。


 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _


 お知らせ

 管理人は Slotter’s Bar というお店をやっています。
 詳しくは こちら をご覧下さい。


スポンサーサイト
プロフィール

びーえむ

  • Author:びーえむ
  • FC2ブログへようこそ!
Twitter
Twitter ブログパーツ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。