スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静かな警鐘



 今回はお店について感じる事を少し書いてみようかなと思います。
barの方をさせていただくようになり、もうすぐ3年が経とうと
しています。
でも、正直なところを言うと、採算の方は取れているとは言えない。
赤字は免れているが、コレ一本で飯を喰って行けるかと言えば
厳しいでしょう。

 元々、自分がお店をやってみたいと思った頃は、4号機全盛期で
ホールは日も暮れる頃には満員御礼が珍しくは無かった。
当時知り合った人たちは皆、スロットの事を語り出したら目を輝か
せて何時間でも話すことが出来た。もちろん自分もその一人だった。
そんなスロット好きが集まれる飲み屋があったら。
そんな想いをコンセプトにしたのが、今の自分のお店の原型だった。
こんな時代が来るなんて、全く想像すらしていなかった時代だ。

今のスロットの状況はと言えばご覧の通り。
最近ようやく面白い機械が出てき始めて最悪期は越えたような感じ
ではあるけれど、やはり当時のように熱狂的にスロットが好きだ
という層は当時に比べればだいぶ少ない。

4号機の時代というのはバブルであったと認識している。
出玉性能に関しては、ミリオンゴッドによって行き着くところまで
タッチしてしまった。本当に1日で100万勝ててしまう時代だった。
でも、当時熱狂していた理由は、出玉性能だけでは無かったと思う。
ゲーム性が本当に豊かな時代でもあった。

今はその時代の代償として、規制が厳しくなかなか面白い機種が
出てきにくい状況だ。
当時を知らない世代の打ち手も沢山居ると思う。
スロットの面白さって何なのだろう?
4号機時代を知っているがゆえに、振り返って考えてしまいガチだ。


 ◇ ◇ ◇ ◇


自分にとって、スロットの楽しさは「成長」だった。
最初は、ただ単に7を揃えられるようになっただけで嬉しかった。
時代から技術介入を覚え、小役を取りきることやジャックインを外せる
ようになると、そこからリール制御というモノの奥深さに触れる事が
できた。

技術介入から今度は知識介入へ。
解析値から、設定差のある数値を見抜き、設定推測や設定判別によって
スロットでも生活出来るくらい勝つことができると言うことを知った。
数字との戦いから、徐々にスロットにおける内規や機械の仕組みも
同時に覚えて行った。

勝ちに拘る事と同時に、そのスロットの持つ魅力にもハマって行く。
機種の持つコンセプト、絵柄や筐体のデザイン、音楽などの練り込まれ
具合には、勝ち負けを忘れて感動したのを覚えている。
今思えば当時のスロットは、エンターテイメントが確立していたと
言い切れると思う。
確率やコンセプトが織り成すドラマチックさは、今の機種には絶対に
勝つことができない。


 ◇ ◇ ◇ ◇


 スロットに対する思い入れは人それぞれにあると思う。
ただ一つ言えるのは、自分のお店に来てくれるお客さんというのは
やはりスロットが本当に好きな人が多い。
ありがたいことに、気に入ってくれたお客さんはトコトン気に入って
くれるというのがウチのお店の特徴だ。
遠い他県からわざわざ泊まり覚悟で来店してくれると、やはり営業を
続けている事の存在意義を感じるし、素直に嬉しいものです。
利益が出ずともお店をたたまないのは、そういう理由でもあったりする
のです。

ただ、そんな自分の立場から思うのは、やはり今の業界の状況と言う
のは相当に厳しいのだと言うこと。
それだけ好きなお客さんの層の人達が、徐々に打つのを辞めてしまって
いく様を見て本当に悲しく思う。
見たくは無い厳しい現実を目の当たりにする立場でもある。

業界の発展、誰にも愛される面白い機種が数多く出てきて欲しいという
想いは、けして偽善的に書いているのではないということは、わかって
いただきたい。
まだ繁盛しているホールさんも多数あるので、まだ厳しさを肌で実感
出来ている人は、業界関係者以外の方にはあまり居ないのかもしれない。
でも、本当に好きな人達が辞めて行っているという現状は、実はかなり
危険な状況であり、警鐘と感じずにはいられないのです。

一個人のブログで、こんな事を語るのはどうかとも思いますが、
雑感として残していくのもブログの役割。
今思う事を正直に文章に残しておこうと思います。



人気blogランキング

  ↑  いつも応援のポチを押して頂き、ありがとうございます。


 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _



 お知らせ

 管理人は Slotter’s Bar というお店をやっています。
 詳しくは こちら をご覧下さい。

 twitter の方でも、ドンドンつぶやいていく予定ですので良かったら
フォローしていただけると嬉しいです。
(slottersbar で検索していただければ分かると思います)



スポンサーサイト

攻略の背景(質問の答え)



 前回の日記「奪うもの守るもの」にて、質問を頂きました。
質問に答える事で今の自分の想いや考え、立ち位置を分って貰え
ればと思います。


 ・質問 

 実際に攻略しているびーえむさんはどう考えているのですか?
 業界の発展のためにと言っておきながら、実際にご自身で攻略
 されている事についてご意見お聞かせください。


 ◇ ◇ ◇ ◇
 

 パチンコというものは、「玉を弾き入賞口に入れて入賞球を得る」
ゲームで、デジタルの当たりや権利獲得等はその為の過程である。
その目的を成す為にプレイヤーに与えられた操作方法が、
「いつ打つか(タイミング)」と「どこに打つか(ストローク)」であり
プレイヤーに与えられた唯一の権利でもある。
以上の事が前提となっていると自分は考えています。


 どの程度が攻略なのか? というのはなかなか線を引くのが
難しい。 なぜならば、プレイヤーは与えられた操作の中で、どう
打つことが最適なのかというのを、程度は違えど考えて打っているのだから。
リーチ中に打ち出しを止めるのも、細かいことを言えば攻略になる。


 さて、話を本題へ。
パチンコ遊技機というものを製品としてみたら、度の過ぎた攻略要素
を持つ機種というものは欠陥品と言われても仕方が無いように思う。
なぜならホールに利益を与えるどころか、損失を被るのだから。

普通ならば、そのようなモノを世に送り出してしまった場合メーカーは
事実を確認次第、速やかに回収し対策を購入者に伝えるはずだ。
しかし、パチンコ業界はそんな当たり前が通用しない異端な業界なの
かもしれない。
事実は認めずに雲に巻く。対策のスピードも遅い。
悲しいかな、責任から逃れようとする事が許されてしまう業界とも言える。
一般の製品を作る業種では考えられない事だと思う。

 例えば、テレビゲームソフトならば、プレイヤーが行えるすべての
行動を想定してデバッグを行うと思う。
万が一、ゲーム性を損なう重大なバグが発見されれば、ソフトの回収
のみならず、会社そのもののイメージや信用に傷がつく。
厳重なチェック機構が組織の中にはあるのが当然だ。
まさかそんな打ち方をするなんて想定外だ!! なんてことが
通用するはずが無い。
まずは、メーカーの攻略に対してのチェックの甘さを指摘しておきたい。


 ◇ ◇ ◇ ◇


 もし、何かしらの攻略要素が見つかり、それが釘調整ではどうにも
ならないのならば、完全にメーカーの責任と思う。
しかし、釘調整で攻略を潰せるのならば、攻略に対する責任の一端は
ホールにもあると言える。

どのような仕組みで玉を出されているのが分かれば、潰す方法も
見えてくる。 ホールがデータの異常や打ち方を注意深く観ていれば
分かる事で、当然ながら攻略者は、それが分からないように打つ。
イタチゴッコではあるが、現場ではそんなせめぎ合いが人知れず
行われているのが現状だ。

気がつかなければ、発覚するまで利益を損害され続ける。
その帳尻合わせが一般のお客さんにも圧し掛かる。
ホールとしては、やはり攻略というものには注意深く監視しないと
いけない。


 ◇ ◇ ◇ ◇


 ゴトは犯罪なので置いておくが、攻略に関してはする側が悪い
とは自分は思わない。 パチンコというものはゲームであるからだ。
何も介入要素のないパチンコを、本当に楽しいと思えるだろうか?
昔、パチコンというデジパチの回転効率を完全に機械が管理する
システムの機種があったが、人気はなく廃れてしまった。
勝ち方を模索するのも楽しさの要素なのではないか。

オカルト思考も、勝ちたいという想いから生まれた発想。
ストロークや止め打ちも、パチンコというゲームに能動的な楽しさ
を見出している。 
打ち方の選択肢がある事は、楽しく遊べる要素になっていると思う。

だから、メーカーはプレイヤーのやり得る事を想定しつつゲーム性を
突き詰めて欲しいし、ホール側もその対策に敏感であって欲しい。
玉の動きに一喜一憂できる面白い機種が出て来てくれるのがプレイヤー
目線での自分が思う一番の願いでもある。


 ◇ ◇ ◇ ◇


 自分はもう専業では無いが、今でも収入としてのパチンコを打っている。
だから、こんな事を書いていることに違和感を持つ方も居ると思う。

今のパチンコ業界全体の閉塞感は、かなり深刻的だと思っていて、
このままでは本当に、遠くない未来にはパチンコが無くなっている
かもしれないと感じる。
パチンコの新機種が、軒並み購入費用を回収できない状況というのは
もうすでにビジネスモデルが崩壊していると言ってもおかしくはない。
業界がまた活気を戻すには、参加者が増えないといけないし、その為
には面白い機械が出てきてくれないといけない。
しかし、デジパチ一辺倒では、その広がりには期待できないように思う。

メーカー側からも、数は多くは無いがチャレンジする機械は出て
来ているしそんな機械をリスクを持って導入してくれるホールもある。
色んな機種があって、プレイヤーに選択肢を広げるという事は、
参加者を増やす為の方法としては適っていると思う。
自分としては、そういうメーカーやホールの姿勢を支持したい。

攻略に対する、プレイヤーの出来る事の想定をもっと深いところまで
議論し、機械開発や機械購入に対する攻略されるリスクを減らすことが
出来るならば、それは業界全体として良いのではないか。
面白い機械が多種多様に世に出てきて、そんな機種をホールがリスクを
感じずに購入し、参加者が今よりももっと増えてくれる。

良いサイクルに回ってくれるというのが自分の思う理想の形だし、
そのひとつの方法論として書いたのが前回の内容です。


矛盾が生じていることは分かります。
攻略要素を潰す事と、攻略要素を容認すること。
今の自分にとって、どちらを支持するべきなのか。
ただ、今まで長い間この業界を見てきて、ゲーム性の発展とは新しい事
が随時作られていく事。当然ながら新しい攻略要素も出てくる。
パチンコがアナログの遊戯である限り、攻略というものは無くならない
ように思うのです。

その無くならない「攻略」というモノとの付き合い方を、今までよりも
少し違った形で考えて行けたらという趣旨で、今回の文章を書かせて
頂きました。
長文ではありましたが、以上をもって質問の答えとさせてください。



人気blogランキング

  ↑  いつも応援のポチを押して頂き、ありがとうございます。


 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _



 お知らせ

 管理人は Slotter’s Bar というお店をやっています。
 詳しくは こちら をご覧下さい。

 twitter の方でも、ドンドンつぶやいていく予定ですので良かったら
フォローしていただけると嬉しいです。
(slottersbar で検索していただければ分かると思います)



奪うもの守るもの



 自分がパチンコを始めた頃、ホールには多種多様な機種が設置され
ていて、特に羽根モノは少ない金額で長い時間遊べて、パチンコ
という遊びを象徴する「玉の動きに一喜一憂する」を存分に楽しむ事が
出来ていたように思う。

羽根モノでなくとも、権利モノでは権利獲得時に遊び心いっぱいの
ヤクモノがあったり、また一般電役では連動するチューリップの開閉と
玉の動きに心躍らせていたものだった。


 ◇ ◇ ◇ ◇


 今、ホールを見渡してみると、設置されている機種のほとんどが
デジタルが揃うことで大当たりとなるデジパチばかりで、新しいユーザー
にとっては、それがパチンコの当たり前となっているように思う。

どうしてそうなったか、その理由を考えてみるとほとんどの場合
「管理がしやすいから」なのではないかと思う。
もちろん、ユーザーがそれを求めているからというのもあると思う。
だが、今の時代にも羽根モノや一般電役、権利モノのヤクモノの動きに
一喜一憂するユーザーは一定数居ると思うし、潜在的なユーザーも
多数居ると思う。
「ピタゴラスイッチ」は子供から大人まで楽しめるモノ。
パチンコにもこのような面白さの要素の一端を感じてもいいはずだ。



 では、なぜニーズがあるにも関わらず、ホールはこのような機種は
積極的に設置しないのだろう?
もちろん、経営的稼働的な問題もあるとは思うのだけども、一番に
挙げられる理由は、「攻略される」または「ゴト行為の餌食になる」
という部分も大きいように思う。
もしされるようならば、撤去により機械購入費が無駄になるのと同時に
被害金額の方も大きくなる。
そういうリスクを考えれば、ホールもあえて設置する必要も無いという
選択をすることも理解できる。

 今でも絶賛攻略中な機種はいくつかある。
自分が知らないモノも多数あることと思う。
パチンコというモノは、いたる部分において確率によるバランスによって
成り立っている。
その薄氷のようなバランスを、ホールは損益分岐点を考慮しながら
利益調整して、お客さんに打ってもらう事になる。
介入度によるバランスの歪みが攻略の根本と考えれば、これはメーカーが
機種制作時にそれを許さないよう調整することができるはずだ。
また、ホールは製品を購入する際に、そういった攻略の危険性を見抜く
能力が大切だと思う。

 しかし、現実はどうだろう?
相変わらず、メーカーは攻略される機種を堂々と販売し、ホールも
攻略の対策が分からぬまま、または酷いときには攻略されている事すら
気づかない場合もある。
こういった費用は、他の部分でユーザーから帳尻合わせするべく利益を
取り、また同じようなサイクルを繰り返す。

攻略される機種というモノは、大抵の場合は分かっていれば防ぐことが
できたモノが多い。
玉の動きやヤクモノの動きに一喜一憂する機械を作るには、そういった
攻略やゴトの芽を潰す必要がある。
しかし、悲しいことに今現在においても、攻略やゴトの芽はある。
この面においては、「打たせる側」よりも「打つ側」の方が一枚上手
と言われても仕方が無いだろう。


 ◇ ◇ ◇ ◇


 さて、ここからが今回日記で言いたかった事なのですが、もしメーカー
の方ならびにホール関係者の方がこのブログを観てくれているならば、
意見を伺いたいのです。
もし攻略やゴト、プロ対策に特化したコンサルタントがあったとしたら、
それははたして需要はありますか?
メーカーにとっては、攻略される機種を世に出すことを未然に防ぐ事が
できる。ホールにとっては、攻略されるであろう機種の購入を未然に
防ぐことができる。または攻略された際に速やかに対策を施せる。

長い目で見て、こういった特化した存在が居ることで、より面白い機種が
世に出やすくなるように思うし、多種多様な機種が世に出ること、また
無駄な費用のツケをユーザーに回さないことで、これからの業界の
さらなる発展に貢献できるのではないかと思っています。

幼稚な発想と笑われてしまう事を覚悟の上で、この文章を記載しました。
可能か不可能か、もうすでに存在する等、もしご意見がある方が居りまし
たら、是非お聞かせ願いたいと思っています。宜しくお願いします。



人気blogランキング

  ↑  いつも応援のポチを押して頂き、ありがとうございます。


 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _



 お知らせ

 管理人は Slotter’s Bar というお店をやっています。
 詳しくは こちら をご覧下さい。

 twitter の方でも、ドンドンつぶやいていく予定ですので良かったら
フォローしていただけると嬉しいです。
(slottersbar で検索していただければ分かると思います)



遊べる?遊べない?



 普段良く拝見させて頂いているブログで、パチンコの戻し
について書かれていて、自分なりにちょっと思うことがあった
ので、その事について書いてみようと思います。


 自分がパチンコを始めた頃というのは、ちょうどセブン機で
液晶が使われ始め、まだ保留連チャン機や数珠繋ぎ連チャン機
と呼ばれる、いわば非合法連チャンシステムのまかり通っていた
そんな時代。
打ち手のほとんどが、台の当たり確率や連チャン率など知らない
状態で打っているという、今思えば考えられないような時代でした。

 しかしながら、当時の当たり確率や連チャン率は、今よりも
全然マイルドでさらに一回に対する出玉も2000~2400玉。
低換金率でのラッキーナンバー制と、玉さえ持てればそこそこに
遊べるそんな時代でもありました。 
そんな当時と今の違いの一つに、「ヘソの戻し」というものも
あります。



 ◇ ◇ ◇ ◇



 戻しの違いによる影響というものは、意外と間違えて認識
している人も多い。
世間一般的には、戻しが少ないと辛いと思われガチです。

 自分がパチンコを始めた当時、セブン機の戻しは7玉が
普通でした。
それが、時代の変化と共に6玉、5玉、そして今の3玉へと
推移して行くのですが、この推移の意味するものとはいったい
何かと考えれば自分は、「打ち手の技術介入差を無くす為」と
思っています。

 仮に同じ確率、同じ出玉で、戻しがあるモノと全く無いモノ
があったとしましょう。
これをお店側が双方同じ回収率で調整した時、この双方にどんな
違いが出るかというと、実は戻しがある方がヘソ入賞率は下がります。
そして、戻しがある方がベースの回転数のムラが大きくなります。
ムラが大きくなるという事は、オーバー入賞が起こりやすくなる分
実質的な回転率を下げる事となる上に、そのオーバー入賞を防ごうと
する者と普通に打つ者との差がつくことになるのです。



 ◇ ◇ ◇ ◇



 一見、戻しが増えれば投資スピード的に遊べるようになると思え
ますが、今のような世代間や打ち手の技術差が開いている時代に
おいて、戻しの与える影響は思っている以上に大きくなっていると
いうこと。
 もちろん、戻しが無い方がお店的には売り上げが上がりますから、
そういう思惑もあるでしょうが、時代と共に減りつつあるヘソの戻し
というものが、ただ単にお店の売り上げ至上主義から来ているものでは
無く、実は止め打ち等何も知らないで打っているお客さんの保護の為
でもあるということは、意外な事実でもあると思います。


 実は日ごろからヤキモキしている、スルーでの玉の削りも同じような
理屈でもあったりします。
打ち手の技術差を潰す事は、お客さん全体の視点で見れば正しい事では
あると思いますし納得するべきところ。
しかしながら、その全体の公平さを保つが為に「全体から削ろう」という
今のパチンコの常識には、今でも納得はできないんですけどね。^^;




人気blogランキング

  ↑  いつも応援のポチを押して頂き、ありがとうございます。


 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _


 お知らせ

 管理人は Slotter’s Bar というお店をやっています。
 詳しくは こちら をご覧下さい。


テーマ : パチンコ・パチスロ日記
ジャンル : ギャンブル

数字遊び



 前回の慶次の話。
ちょっと面白くなってきたので、もうちょっと書きます。
しばし数字遊びにお付き合いください。


 さて、前に火種のキッカケに慶次の荒さについての認識に
少し触れましたが、もう少し掘り下げようと思い、具体例で。

 まず前例として、どれだけの確率の分散が起こりえるのか。
自分の経験では、慶次と同じような分母だとニューパル設定5の
REG確率が400000プレイ(40万P、約8000GX50日)で、
一割の乖離を見せたことがあります。
ということで、とりあえず前例的にこれをサンプルにしてみましょう。


 ◇ ◇ ◇ ◇


   例  花の慶次 

 日当期待値 3万円 X 終日20日 = 月期待値60万
 1日2000回転と仮定して、20日=40000回転(4万P)
 サンプル40万Pということで、この稼動を10ヶ月続けたと仮定します。
 10ヶ月続けた期待収支は600万。 簡略化の為、等価ということで。


 あくまでも例なので、もっと高い台打ってるわい!!とか、
そういうのは無しでお願いします。^^;
とりあえず、このくらいとして40万回した時・・・

 400(当たり確率) / 400000(総回転) = 1000回(初当たり) 
 1000回(初当たり) X 3.85(平均連) = 3850回
 3850回(総当り) X 1350(平均出玉) = 5197500玉(総出玉)

 数字遊びなので、とりあえず大まかに数字を当てはめると、
10ヶ月40万P打って、確率どおりに引けたなら、5197500玉の
出玉は得ることになります。


 ◇ ◇ ◇ ◇


 さて、ではそれに対して、分母の1割ほど欠損させてしまった場合。
まあ、100人に数人は1割欠損すると思うので、現実的な例として・・・

 440(1割足りない分母) / 400000 = 約909回(初当たり)
 909(初当たり) X 3.85(平均連)  = 約3500回
 3500(総当り) X 1350(平均出玉) = 4725000玉(総出玉)

 5197500 - 4725000 = 472500玉(欠損)
 472500玉 X 4円 = 1890000円(欠損)

 
 なかなか香ばしい数字が出てきました。
でも、まだまだ全然プラスなので、余裕ですよね。
これでもまだ10ヶ月で400万オーバーな収支です。


 ◇ ◇ ◇ ◇


 しかし、神様は無情です。
さらに確変継続率まで引き負けてしまったとします。
平均連3.85とのことで、分かりやすく平均連が3連になって
しまったとしましょう。 これも有り得ますよね? 無いか。笑


 909(初当たり) X 3(平均連)     = 2727回(総当り)
 2727(総当り) X 1350(平均出玉) = 3681450玉(総出玉)
 5197500(期待値) - 3681450 = 1516050玉(欠損)
 1516050玉 X 4円 = 6064200円(欠損)


 わずかながらもマイナス収支になってます。
まあ大げさではありますが、おそらくこの程度が花の慶次でおこりうる
ギリギリ現実的な欠損のレベルなのかなと。
どんなにもがこうとも、このレベルの欠損を喰らう人は現実にいそうです。


 ◇ ◇ ◇ ◇


 どうでしょう? まあ細かい計算ではないので数字遊びの域を
出てませんが、これでも一応 「収束」 してるんですよね。
1/440で平均連3回で、これだけ欠損する花の慶次という機種。
つまり、日当3万レベルでは死ぬ可能性が有り得るってことですよね。
10ヶ月給料無しも許容できるのならば話は別ですけども。

 そして、逆に言えば大したレベルを打てなくても凄い勝ててる人も
存在しているということですね。 羨ましい~。
まあ、自分が言えるのはここまでです。
ただ、 「収束」 ってやつの性能を過信しすぎない方がいのかな
っていうのは言えるのかなと。

 以上、数字遊びでした。 (`・ω・´) b



人気blogランキング

  ↑  いつも応援のポチを押して頂き、ありがとうございます。


 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _


 管理人は Slotter’s Bar というお店をやっています。

 詳しくは、こちらの詳細を。 → お店の詳細
 ぐるなび と、 mixi も、のぞいてやって下さい。


 お知らせ

 もしこのブログを気に入って貰えて、相互リンクしてもいいよという
 パチ&スロ系管理人さん居ましたら、是非とも相互リンク
 お願いします。
 コメントかBBSに一声もらえれば、すぐに対応しますので、
 よろしくお願いします。m(__)m



テーマ : パチンコ・パチスロ日記
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

びーえむ

  • Author:びーえむ
  • FC2ブログへようこそ!
Twitter
Twitter ブログパーツ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。